音楽ナタリー

トラトリツアー千秋楽、沙也加歓喜の新情報も

191

「TRUSTRICK Eternity Tour 2014」東京公演の様子。左から神田沙也加(Vo)、Billy(G)。

「TRUSTRICK Eternity Tour 2014」東京公演の様子。左から神田沙也加(Vo)、Billy(G)。

TRUSTRICKが昨日9月15日、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEライブツアー「TRUSTRICK Eternity Tour 2014」の最終公演を行った。

神田沙也加(Vo)とBilly(G)のユニットとして、1stアルバム「Eternity」で6月にデビューを果たしたTRUSTRICK。初のライブツアーは名古屋、大阪、福岡、東京の4都市で行われ、アルバムからの楽曲のみならず新曲も披露されるなど、次の一歩を予感させる充実した内容となった。

ツアー千秋楽となった東京公演はチケットも即日完売。渋谷duo MUSIC EXCHANGEを埋め尽くした観客は、開演前から「沙也加!!」「Billy!!」と大きな声援を送って2人を迎える。ステージにサポートメンバーとBillyがスタンバイし、1曲目の「Ever Blue」を奏で始めたが、ギターの音が出なかったBillyがゆっくり手を振って演奏を制止し振り出しへ。クールな見た目とは裏腹なお茶目キャラ・Billyらしいハプニングを経て再開すると、神田はBillyをパンチする仕草をしながら笑顔で登場。しかしマイクの前に立つと一転、透明感のある歌声で会場のムードを支配した。

神田は続く「TRICK or HOLIC」で客席をなめまわすように見渡し、「行くぞ東京!」と鼓舞し突き上げて煽り立てる。「kissing」ではステージ左右いっぱいに動き回り、客席にマイク向けてレスポンスを求めた。「今日はあれ聴きたかった、これ聴きたかったって曲がどんどん出てくるから。なにせ1枚しか出してないからね(笑)。アルバム全曲やっちゃうよ!」と宣言した神田は、アップテンポな「wonder」では激しく、メロウなラブソング「恋人」ではしっとりと、曲ごとに声の表情を変えて観客を魅了。中盤には千秋楽のみの演出として、バイオリニストの高橋和葉をゲストに迎えて「If -君が行くセカイ-」「君が居る未来のために」のスペシャルバージョンが披露された。神田と高橋はかつてミュージカル「I LOVE YOU, YOU'RE PERFECT, NOW CHANGE」で共演しており、同年齢の2人は以降プライベートでも仲良しだという。神田は「どうしよう、私たち同い年なんだけど、どうしたらこんなに落ち着けると思う?」とコンプレックスを吐露するも、演奏が始まると美しいバイオリンの音色と混ざり合う大人びた歌声を響かせた。

後半は来年リリースに向けてレコーディング中の新曲を含む3曲を畳み掛け、ラストの「Jealousy Jelly」では神田がジャンプを決めてフィニッシュ。大盛り上がりでライブは終了したが、客席からはすぐに「トラトリ! トラトリ!」と熱いアンコールの声が上がる。声援に応えて再びステージに上がった神田とBillyは、「新曲どうだった? 皆さんの手元にこの曲が届くのは来年かな。この曲“は”だよ?」「トラトリはグッズがかわいいって言われるアーティストになりたいんです。今も作ってるんですよ。なぜ作ってるのかは……もう少しじらさせてください」ともったいぶりつつ、11月12日に初のシングルをリリースし、年内にもう1度ワンマンライブを行うことを発表。シングル「World's End Curtain Call -theme of DANGANRONPA THE STAGE-」は神田が女優として出演する舞台「ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~」のテーマソングで、もともと舞台の原作となったゲーム版「ダンガンロンパ」の大ファンだったという神田は大喜びで報告した。そして「来年もね、突っ走りますよTRUSTRICKは」と宣言すると、さらに来年リリース予定の新曲を初披露。最後はアルバム「Eternity」のラストを飾る軽快なロックナンバー「beautiful dreamer」で締めくくった。

メンバーがステージを去り客席に明かりが灯ったが、それでも観客の拍手と「トラトリ!」コールは鳴り止まない。三たび登場した神田は「ソロではここまで精力的にやったことがなくて、初ツアーだったんですね。1人では味わえない喜びとか、ピンチのときはアイコンタクトを取り合ったり……1人の人間として勉強になりました。TRUSTRICKを作って本当によかったなって。TRUSTRICKの成分はみんなの思いでできてるんだと思う。そんな当たり前のことを痛感していて。この1年は人生の宝物です。良質なJ-POPを作りたいという思いがにごらないように大切にしていくので、これからもTRUSTRICKを見守っていてください」と感謝の言葉を述べた。またBillyも「自分もTRUSTRICKを形作る何百分の1なんだと思います。これからも一緒にTRUSTRICKを作ってくれますか?」とファンに呼びかけた。そして2人はダブルアンコールを披露すべく、観客にリクエストを募る。しかし「TRICK or HOLIC」と「Jealousy Jelly」の2曲にまで絞られたものの、なかなかどちらかに決めることができない。客席から上がった「2曲ともやろう!」という声を受け、神田が一旦ステージを離れて確認を取りにいくも、時間の都合で披露できるのは1曲だけ。最終的に拍手の大きさで多数決を取り、僅差で「TRICK or HOLIC」が選ばれた。トラトリ+サポートの5人はハイテンションなパフォーマンスで締めくくり、およそ2時間におよんだツアー千秋楽は大団円を迎えた。

TRUSTRICKの1stシングル「World's End Curtain Call -theme of DANGANRONPA THE STAGE-」は3868枚の生産限定盤としてリリースされ、表題曲のほかにタイトル未定の新曲と「World's End~」のオフボーカルトラックを収録。舞台「ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~」は10月29日から11月3日まで東京・日本青年館 大ホールにて上演される。演出を務めるのはNON STYLEの石田明。舞台には神田のほか、アイドルの藤江れいな(NMB48)、石田晴香(AKB48)、奥仲麻琴(PASSPO☆)や、石田をはじめ向清太朗(天津)、山口ゆきえ(カーニバル)といった芸人たちも役者として出演する。

TRUSTRICK Eternity Tour 2014
2014年9月15日 渋谷duo MUSIC EXCHANGE セットリスト

01. Ever Blue
02. TRICK or HOLIC
03. kissing
04. wonder
05. Calico
06. 恋人
07. If -君が行くセカイ-
08. 君が居る未来のために
09. as one
10. 新曲
11. ATLAS
12. Jealousy Jelly
<アンコール>
13. 新曲
14. beautiful dreamer
<ダブルアンコール>
15. TRICK or HOLIC

TRUSTRICK「World's End Curtain Call -theme of DANGANRONPA THE STAGE-」収録曲

01. World's End Curtain Call -theme of DANGANRONPA THE STAGE-
02. 楽曲未定
03. World's End Curtain Call -theme of DANGANRONPA THE STAGE-(off vocal)

ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~

2014年10月29日(水)~11月3日(月・祝)東京都 日本青年館 大ホール
<出演者>
本郷奏多 / 岡本玲 / 小澤亮太 / 大沢ひかる / 八神蓮 / 高木万平 / 藤江れいな(NMB48)/ 大島なぎさ / 石田晴香(AKB48)/ 奥仲麻琴(PASSPO☆)/ 池端レイナ / 向清太朗(天津)/ 山口ゆきえ(カーニバル)/ 宮下雄也(RUN&GUN)/ 田中日奈子 / 松風雅也 / 風間トオル(映像出演)/ 大山のぶ代(声の出演)/ 神田沙也加

演出・出演:石田明(NON STYLE
脚本:堀江慶
シナリオ監修:小高和剛(スパイク・チュンソフト)
音楽:高田雅史(サウンドプレステージ)

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】