音楽ナタリー

天久聖一

アマヒサマサカズ

1968年香川県生まれ。神戸拘置所の刑務官を経て、1989年にパンチザウルス(マガジンハウス)にてデビュー。1994年に発表したタナカカツキとの共著「バカドリル」がサブカルチャー界隈を中心に大ヒットとなり、注目を集めるようになる。以降は「バカはサイレンで泣く」「ブッチュくんオール百科」「バングラデシュ日本」を発表。不条理かつ前衛的な作風でカルト的な人気を博した。マンガ家以外の活動も多く、親交の深い電気グルーヴやゆらゆら帝国のプロモーションアニメを作製したり、演劇脚本や小説執筆、映画監督など多彩な活動を行っている。

天久聖一のニュース

音楽ナタリーをフォロー