auスマートパスPR

「君の膵臓をたべたい」浜辺美波×北村匠海×北川景子×小栗旬×月川翔インタビュー|5人全員が号泣!感涙必至の名シーンと2人1役の舞台裏

住野よるの小説を実写映画化した「君の膵臓をたべたい」が、7月28日に公開される。本作は、膵臓の病気を抱えた高校生・山内桜良と、彼女の闘病日記を見つけた同級生【僕】の関係を描く感動作。桜良役の浜辺美波と【僕】役の北村匠海(DISH//)がダブル主演を務めた。さらに原作にはない12年後を舞台とした現代パートでは、【僕】役を小栗旬が、桜良の親友・恭子役を北川景子が務めている。

映画ナタリーでは本作の公開を記念し、メインキャストの浜辺、北村、北川、小栗、そして監督の月川翔による座談会を実施。完成作品を観た5人が全員涙したという名シーンや、2人1役を演じるのは2回目となる北村と小栗の演技について話を聞いた。さらに後半では、「12年前の自分を振り返って後悔していること」や、「浜辺&北村にアドバイスしたいことは?」というテーマでトークしてもらった。

取材・文 / 浅見みなほ 撮影 / 入江達也

自分の出ている映画を観て、こんなに泣いたのは初めて(小栗)

──先ほどの舞台挨拶では緊張気味だった浜辺さんと北村さんですが、少しほぐれてきましたか?(この取材は、完成披露舞台挨拶の直後に行われた。参照:北村匠海はファンキー?「キミスイ」完成披露で浜辺美波が第一印象語る

浜辺美波

浜辺美波 舞台挨拶の最後の桜吹雪で、大きな音が出てびっくりしちゃいました。

北村匠海 僕もびっくりしました(笑)。でも桜吹雪のおかげでだいぶ緊張がほぐれましたね。

小栗旬 あんなに音出ると思わなかったよね。

浜辺 はい(笑)。

──試写会でも号泣する人が続出している本作ですが、皆さんが完成作品をご覧になった感想を教えてください。

小栗 自分の出ている映画を観て、試写室でこんなに泣いてしまったのは初めてです。前の席にマネージャーが2人座っていたので、泣いてるのがバレたくないなと思ってけっこうこらえていたんですけど(笑)。その2人がいなかったらもっとガッツリ泣いていたと思います。

──具体的にはどのシーンでしょうか。

「君の膵臓をたべたい」より。

小栗 匠海くん演じる【僕】が共病文庫を読んで「すみません、泣いてもいいですか」って言うシーン。原作でも好きな場面だったので「すごく難しいシーンだけど、どうやってるのかな?」と思って観たらまんまと泣かされちゃいました。

北川景子 私も同じ、【僕】が初めて声を上げて泣くシーンで泣きました。原作では「うおおおお」という文字が3行くらい書かれているので、どうやって表現するんだろう?と思っていたんです。私もマネージャー2人に囲まれて観ていたから素直に泣けなかったんですけど……(笑)。

小栗 マネージャーがそばで観てるの、よくないよね!

北川 そうなんですよ! すごく泣きづらい状況だったんですけど、心の中では【僕】と同じように慟哭していました。

浜辺 私もそこで泣いてしまいました。でも客観的に観て感極まる場面が多くて、皆さんが登場するたびにわーっと涙がこみ上げてきて。

──マネージャーさんは近くでご覧になっていました?(笑)

浜辺 隣でした(笑)。でも私は構わず泣いてしまいました。

──皆さん学生時代の【僕】のシーンで泣いてしまったそうですが、演じていた北村さんとしてはいかがですか。

北村匠海

北村 実は完成作品を観て、僕もそのシーンで泣いたんです。あの撮影は、監督が【僕】の感情をうまく引き出してくださったので、僕も自然な芝居ができたと思います。

月川翔 勝負のシーンだと思っていたので、北村くんには共病文庫に書かれた桜良からのメッセージを事前に見せずに、本番で初めて目にしてもらいました。試写ではその場面だけでなく、北川さん演じる恭子が桜良からの手紙を読むシーンも泣きましたね。小栗さんと美波ちゃんの視線が合うところも、編集で何回も観てるのに泣いてしまって。それぞれに泣きどころがありました。僕、涙もろいんですかね?(笑)

いいものが撮れた、これはいい映画になるなって(月川)

──北川さん演じる大人になった恭子が、桜良からの手紙を読むシーンも見どころの1つです。

「君の膵臓をたべたい」より。

小栗 あのシーンでは、監督がモニターを観ながら泣いていて、カットをかけ忘れてしまっていたんですよ。僕らはそんなことも知らず、カットかからないなー?って(笑)。

北川 私も思ってました! (夫役の)上地雄輔さんも困っていたのか、涙を拭こうと演技を続けてくださいました。

小栗 でも北川さんがアドリブで「なんでこんなタイミングで……バカ」って続けてくれたんです。さすが! でも、僕どうしていいかわからない!と思ってました(笑)。

北川 恭子の学生時代を演じている大友花恋ちゃんは、前にも共演させてもらったことがあってよく知っていたんです。私自身の登場シーンは決して多くないんですが、彼女だったらこういう感じかな、彼女の演じる恭子ならこうやって強がるかな、と考えて出てきたのがあの言葉で。花恋ちゃんは、強がりの中に隠れた優しさのようなものも上手に表現するだろうなと思っていたので。

月川 あれを聞いて、「ああ、効くう!」と思ってさらに涙が出て。「カット!」を振り絞った感じでした。

小栗 僕は、そのあとに監督がガッツポーズしてる後ろ姿をチラッと見ましたよ。こうやって……(うつむきながら両手でガッツポーズ)。

月川 あ、見てましたか?(笑) いやもう、いいもん撮れた、これはいい映画になるなって。

「君の膵臓をたべたい」より。

北村 僕の泣くシーンもそうだったんですが、北川さんのシーンも、美波ちゃんの(手紙を読み上げる)声を聞きながらお芝居されたんですよね。最後のあの一言がアドリブだって聞いたときにはびっくりしました。

浜辺 本当に感動しました。桜良と恭子がこんなにも思い合っていたんだなと思うと、桜良としてもうれしかったです。

「君の膵臓をたべたい」
2017年7月28日(金)より全国ロードショー
映画「君の膵臓をたべたい」オフィシャルサイト
ストーリー

高校時代のある日、【僕】が見つけた「共病文庫」。それは、密かに膵臓の病を患うクラスメイト・山内桜良の闘病日記だった。秘密を知ってしまった【僕】は桜良と一緒に過ごすようになるが、まばゆいまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて終わりを告げる。───それから12年。母校の教師となった【僕】、そして桜良の親友・恭子は、桜良と過ごした日々を思い出していた。2人はあるきっかけで、桜良が伝えたかった本当の思いを知ることになり……。

スタッフ / キャスト

監督:月川翔
原作:住野よる「君の膵臓をたべたい」(双葉社刊)
脚本:吉田智子
主題歌:Mr.Children「himawari」(TOY'S FACTORY)
キャスト:浜辺美波、北村匠海、大友花恋、矢本悠馬、桜田通、森下大地、上地雄輔、北川景子、小栗旬

浜辺美波(ハマベミナミ)
2000年8月29日生まれ、石川県出身。2011年に第7回「東宝シンデレラ」オーディションニュージェネレーション賞を受賞。同年、主演作「浜辺美波 ~アリと恋文~」で映画デビューする。実写ドラマ版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」での本間芽衣子役や、NHK連続テレビ小説「まれ」への出演で話題になる。その後「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」「咲-Saki-」などの映画に参加した。2017年9月30日公開の実写版「亜人」にも出演している。
北村匠海(キタムラタクミ)
1997年11月3日生まれ、東京都出身。2008年、「DIVE!!」でスクリーンデビュー。主な出演作に「鈴木先生」「陽だまりの彼女」などがあり、2016年には「信長協奏曲」「セーラー服と機関銃 -卒業-」「あやしい彼女」「ディストラクション・ベイビーズ」、そしてドラマ「仰げば尊し」「ゆとりですがなにか」といった話題作へ立て続けに出演した。「君の膵臓をたべたい」で映画初主演。2017年内に出演作「恋と嘘」「勝手にふるえてろ」の公開も控えている。5人組ダンスロックバンドDISH//のメインボーカル兼ギターとしても活動中。
北川景子(キタガワケイコ)
1986年8月22日生まれ、兵庫県出身。2003年に雑誌SEVENTEEN専属モデルとして芸能界入り。同年ドラマで女優デビューを果たし、2006年に「間宮兄弟」で映画デビュー後はハリウッド映画「ワイルド・スピードX3/TOKYO DRIFT」や「Dear Friends」「パラダイス・キス」「ジャッジ!」「抱きしめたい」「の・ようなもの のようなもの」などに出演。ドラマでは「モップガール」に主演したほか、「太陽と海の教室」「謎解きはディナーのあとで」「悪夢ちゃん」「HERO」「探偵の探偵」などに参加した。
小栗旬(オグリシュン)
1982年12月26日生まれ、東京都出身。1998年、ドラマ「GTO」で初めてのレギュラー出演。2007年に主演した三池崇史監督作「クローズZERO」での演技が高く評価され、エランドール賞新人賞、第17回日本映画批評家大賞主演男優賞などを獲得。2010年には「シュアリー・サムデイ」で劇場映画監督デビューも果たした。近年の出演作に「キツツキと雨」「宇宙兄弟」「ルパン三世」「信長協奏曲」「ミュージアム」など。舞台でも活躍し、蜷川幸雄をはじめ多くの演出家の作品に参加している。2017年には出演作「追憶」「銀魂」が公開されたほか、福田雄一演出の舞台「ヤングフランケンシュタイン」でミュージカルに初挑戦する。
月川翔(ツキカワショウ)
1982年8月5日生まれ。東京芸術大学大学院映像研究科修了。在学中は、教授である黒沢清や北野武のもとで「心」など4作品を制作する。ウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2009」にて審査員グランプリに輝き、「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」で「SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2012」のミュージックShort部門シネマティックアワード・優秀賞を受賞した。監督作に「黒崎くんの言いなりになんてならない」「君と100回目の恋」、ドラマ「ダメな私に恋してください」などがある。
  • スマートパス
  • スマートパスプレミアム
  • ビデオパス