アニメ「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」PR

「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」M・A・O×徳光由禾×荒川美穂×森下由樹子|いよいよシリーズ佳境! 選ばれし子どもたちに訪れる、新たな試練

芽心の揺らぎをどう表現するか(荒川)

──第5章の劇中には、芽心が葛藤するシーンが登場します。荒川さんは芽心を演じるにあたって、苦労されたことはありました?

「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」より、芽心。

荒川 今回はすごく印象的なセリフがあったので、芽心の揺らぎをどういうふうに表現するかを、すごく考えて試行錯誤していきました。ネタバレになってしまうのでまだお話できないのが残念ですが、彼女の悩みがうかがえるセリフなんです。

──胸が痛くなるセリフがありましたね。森下さんは、普段のメイクーモンと暴走するメイクーモンの演じ分けが大変だったのではないかと思いますが。

「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」より、芽心(右)とメイクーモン(左)。

森下 第1章のアフレコのときから、監督に「メイクーモンは赤ちゃん。甘えん坊のちっちゃい子だという意識を忘れないでね」とお話をいただいていました。デジモンの先輩たちと比べても、より甘ったれで芽心がいないと不安になってしまう子なんです。メイクーモンは私にとってもチャレンジングな役でした。これまでかわいい役はあまりやったことがなくて、どちらかというと感染モードのほうが通常に近いので。

一同 (笑)

森下 なので、普段のメイクーモンを演じているときは甘えん坊さんという気持ちで、感染しているときは「もー! つらい!」と気持ちをぶつけられたらいいなと思いながらやっています。

ヒカリちゃんを助けてあげられないのがつらい(徳光)

──本作では、ヒカリにある変化が起こりますが、M・A・Oさんは今回のヒカリをどういったお気持ちで演じられましたか?

「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」

M・A・O 今までずっとそこにあったものを突然壊されて、プツンと糸が切れてしまったような印象がありましたので、そこまでの過程をいかに自然に表現するかを考えました。第5章でのヒカリちゃんとホメオスタシスさん(デジタルワールドの安定を望む者)のやりとりが印象的ですね。ヒカリちゃんが珍しく「もう黙ってはいられない」という状態になり、声を荒らげるシーンがあったので、その場面にたどり着くまでを大事に演じさせていただきました。

森下 ホメオスタシスさん(笑)。

──そんなヒカリを、徳光さんはテイルモンとしてどうご覧になったのでしょうか。

徳光 第3章のときもヒカリちゃんにはそういうシーンがあったんですよね。子供の頃も何かを感じる力が強い子だったなとは思いますが、どうしてヒカリちゃんなの?と感じて……。もうなす術がない自分が本当に悲しかったです。助けてあげられないのがつらくて。

物語が悲しいときほど、現場は明るい(荒川)

──選ばれし子どもたちとパートナーデジモンだけでなく、子供たち同士、デジモン同士の絆も、章を重ねるごとに深まっていっているように感じます。

M・A・O

M・A・O 最初は緊張して皆さんとあまりお話ができませんでしたが、アフレコやデジフェスなどでご一緒するたびに打ち解けてきました。(山田)きのこさんが差し入れてくださった手作りのお菓子をいただいたり、章を経るごとに現場の雰囲気が温かくなってきたかなと勝手に思っています。

徳光 私も思っています!

荒川森下 私も!

荒川 最初はみんななんとなくパートナーの近くに座っていて小さなグループができていたのが、どんどん広がってきました。今後の展開について一緒に話したり。物語が悲しいときほど?、現場では明るくしていた気がしました。

「だがーん!」のとき、誰かこっそり「ですよね」と言ってません?(森下)

──アフレコ時の印象的なエピソードはありますか?

左から荒川美穂、森下由樹子。

森下 そういえば、私が攻撃のシーンで「だがーん!」って言うとき、誰かが後ろでこっそり「ですよね」と言ってません? 聞こえるんですよね……。

荒川 「だがーん」の意味が「ですよね」だからですね。

森下 ということは、私は「ですよね」と言いながら攻撃していることになるの?という話を以前したんです。あれはデジフェスのときでしたっけ?

荒川 そうだね。

森下 そうしたら現場でちょっと流行って(笑)。「だがーん!」って言うたびに誰かが標準語に直してくれるんです。

荒川 ですよねーってね(笑)。

──どなたが言ってたかは特定できたのでしょうか?

荒川 (田村)睦心さんや榎木(淳弥)さんでしょうか?

「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」より、ハックモン(中央)。

M・A・O (笑)。あと、今回皆さんの中で流行っていたのが、「ハックモンです」。

荒川 そうです!

M・A・O ハックモン役の武内駿輔さんがすごく低くていい声で「ハックモンです」とおっしゃるのを、たくさんまねされていました。

荒川森下 (まねをしながら)ハックモンです。

「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」
2017年9月30日(土)より3週間限定劇場上映
「デジモンアドベンチャー tri. 第5章『共生』」
ストーリー

暴走するメイクーモンの出現によって、現実世界では崩壊へのカウントダウンが始まる。八神太一ら選ばれし子どもたちは、変調をきたしたデジタルワールドから現実世界へ戻ってくるが、パートナーデジモンと行動をともにしていることを理由に人々から追われてしまう。彼らが打開策を必死に探る中、メイクーモンのパートナー・望月芽心は一人思い悩むように。そんな折、太一の妹・ヒカリに過酷な運命が訪れて……。

スタッフ

製作:高木勝裕
企画:森下孝三
原案:本郷あきよし
監督:元永慶太郎
シリーズ構成:柿原優子
脚本:広田光毅
キャラクターデザイン:宇木敦哉

キャスト

八神太一:花江夏樹
武之内空:三森すずこ
石田ヤマト:細谷佳正
泉光子郎:田村睦心
太刀川ミミ:吉田仁美
高石タケル:榎木淳弥
城戸丈:池田純矢
八神ヒカリ:M・A・O
望月芽心:荒川美穂

アグモン:坂本千夏
ピヨモン:重松花鳥
ガブモン:山口眞弓
テントモン:櫻井孝宏
パルモン:山田きのこ
パタモン:松本美和
ゴマモン:竹内順子
テイルモン:徳光由禾
メイクーモン:森下由樹子

M・A・O(マオ)
2月1日生まれ、大阪府出身。イエローキャブNEXT所属。「アクションヒロイン チアフルーツ」城ヶ根御前、「ひなこのーと」桜木ひな子、「ツインエンジェルBREAK」天月めぐる / エンジェルローズ、「正解するカド」徭沙羅花、「宇宙戦隊キュウレンジャー」ラプター283 / ワシピンク、「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」ナビルーなど多くのキャラクターを演じている。
徳光由禾(トクミツユカ)
10月2日生まれ、北海道出身。「夢のクレヨン王国」のシルバー王女、「ふたりはプリキュア」シリーズの高清水莉奈役で知られる。「バイオハザード」「刑事ナッシュ・ブリッジス」など、洋画作品の吹替も担当している。
荒川美穂(アラカワミホ)
12月4日生まれ、宮城県出身。「輪るピングドラム」でヒロイン高倉陽毬に声を当て注目を浴びた。主な出演作に「ユリ熊嵐」「魔法少女大戦」「HUNTER×HUNTER」「ガールフレンド(仮)」がある。
森下由樹子(モリシタユキコ)
6月15日生まれ、東京都出身。「プリパラ」テニス部のエース・栃乙女愛役を担当。「ワールドトリガー」緑川駿、「セーラームーンcrystal」九助、「ロボットガールズZ」ガラダK7など。