映画ナタリー

インディペンデント映画とは?内田伸輝や庭月野議啓らがトーク、深田晃司も参加

158

「インディペンデント映画ってなんだ!?」と銘打たれたトークイベントが、11月18日に東京国際フォーラムで開催される。

3部構成からなる本イベントは、NPO法人独立映画鍋と第18回東京フィルメックスの連携企画。日本とアジアの監督の視点からインディペンデント映画の“今”を問い直す目的で実施される。

パート1「日本の監督から」では「淵に立つ」で知られる深田晃司が聞き手を務め、「ぼくらの亡命」の内田伸輝、「仁光の受難」の庭月野議啓がゲスト参加。そしてパート2「アジアの監督から」では、「息を殺して」の五十嵐耕平と今年度の東京フィルメックスにて審査委員を担当するエレン・キムが、東京フィルメックスのプログラムディレクター市山尚三とともにトークを展開し、パート3はゲスト全員によるディスカッションが行われる。

インディペンデント映画ってなんだ!?

2017年11月18日(土)東京都 東京国際フォーラムガラス棟G7F G701室 
開場 13:20 / 開演 13:45 / 終演 16:30(予定)
料金:一般 1000円 / 映画鍋会員 500円
※定員190名、予約不要

映画ナタリーをフォロー