映画ナタリー

キューブリック「アイズ ワイド シャット」に迫るドキュメンタリーの企画進行中

209

「アイズ ワイド シャット」(写真提供:Warner Bros. / Photofest / ゼータ イメージ)

「アイズ ワイド シャット」(写真提供:Warner Bros. / Photofest / ゼータ イメージ)

スタンリー・キューブリックの監督作「アイズ ワイド シャット」に迫るドキュメンタリー「SK13(原題)」の企画が進行中であることをVarietyなどが報じた。

「Filmworker(原題)」のトニー・ジエラが監督を務める予定の本作。キューブリックの長編13作目にして遺作となった「アイズ ワイド シャット」について、ジエラは「キューブリックの新機軸だったと思っている」と語る。「キューブリックを愛する人々は『彼は天才だが、その映画が何であったのかよくわからない』と言っている」と述べ、「彼のすべての映画には謎がある。人々はまだ、『2001年宇宙の旅』のラストや『シャイニング』の意味、『アイズ ワイド シャット』が何を伝えようとしたのかを究明しようとしている」とコメントした。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー