映画ナタリー

ルイス・ブニュエルが幽閉状態のブルジョア描いた「皆殺しの天使」リバイバル上映

189

「皆殺しの天使」

「皆殺しの天使」

ルイス・ブニュエルが1962年に発表した「皆殺しの天使」が、12月より東京のシアター・イメージフォーラムでリバイバル上映されることがわかった。

“シュールレアリスム映画の傑作”と称される本作は、ブルジョアの邸宅を舞台にした不条理劇。幽閉状態に陥り、気力を失っていくブルジョアたちの姿を描き、第15回カンヌ国際映画祭にて国際映画批評家連盟賞を獲得した。現在、YouTubeにて予告編が公開されている。

「皆殺しの天使」は、シアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。なおブニュエルが本作と同じくメキシコ時代に手がけた「砂漠のシモン」「ビリディアナ」も同時上映となる。

(c)1991 Video Mercury Films

映画ナタリーをフォロー