映画ナタリー

「妖怪ウォッチ」上白石萌音がケータの娘に声当てる、千葉雄大はジバニャンと激突

206

劇場アニメーション「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」に、上白石萌音千葉雄大が出演することがわかった。

本作では、「妖怪ウォッチ」シリーズ本編の時代から30年後の世界が描かれる。上白石が声を当てるのは、主人公の1人で妖怪ウォッチ エルダを手にする13歳の少女・天野ナツメ。現アニメシリーズの主人公・ケータの娘という設定だ。上白石はナツメについて「まっすぐで、でもおとぼけなところもあったり、親しみやすくて自分の友達のように見てもらえるキャラクターです。そんな親しみやすさを声に込められたらと思っています」と語る。

そして千葉は、妖怪ウォッチ オーガを持つ13歳の少年・月浪トウマに息を吹き込む。トウマは闇にとらわれ正義と悪の間で葛藤し、妖怪を自らに憑依させて戦うキャラクターで、劇中にはジバニャンとのバトルシーンも登場する。千葉は「今までの妖怪ウォッチの雰囲気もありつつ、大人でもグッとくる内容になっています。その一端を担うのが、トウマだと思うので、繊細でどこか孤独を感じている少年を演じられたらと思います」とコメントを寄せた。

「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」は12月16日より全国ロードショー。

※映画ナタリーPower Push公開中!
東京ディズニーリゾート®︎「ディズニー・ハロウィーン」千葉雄大×吉沢亮×中川大志PR

上白石萌音 コメント

声優のお話を聞いたときは驚きました。私はおとなしいイメージを持たれる事が多いので、先陣を切って戦うナツメのような役は憧れでもありました。「妖怪ウォッチ」は大人にも子どもにもずっと愛され続けているアニメなので、すごく光栄に思っています。
演じるナツメはまっすぐで、でもおとぼけなところもあったり、親しみやすくて自分の友達のように見てもらえるキャラクターです。そんな親しみやすさを声に込められたらと思っています。それに、今のアニメ主人公・ケータの娘と聞いて、ワクワクしました! 運命のようなものを感じさせる、妖怪ウォッチファンの皆さんもゾクゾクするような設定だと思います。
千葉雄大さんとはずっとご一緒したいと思っていたのでうれしいです。作品ごとに新しい千葉さんがそこにいて、トウマと同じく千葉さん自身も“憑依型”の役者さんなのではないかなと思っています。
ステージで歌うよりもアフレコのほうが緊張していますが、強大な敵と戦っていく壮大なストーリーなので、恐れずに全力でぶつかっていきたいと思っています。妖怪の友達もたくさん増やしたいです!

千葉雄大 コメント

大人気の作品で、今回、声優として参加させていただけることをすごく嬉しく思っています。
ギャグ要素だったり、時事ネタだったり大人でもクスッと笑ってしまうところも魅力の一つだと思います。
今回の映画では、今までの妖怪ウォッチの雰囲気もありつつ、大人でもグッとくる内容になっています。その一端を担うのが、トウマだと思うので、繊細でどこか孤独を感じている少年を演じられたらと思います。
アフレコは不慣れなところもあるのですが制作者の皆さまから作品に感じたものを心で表現していただけたら、とおっしゃって頂いたので、改めて役者として心を込めて演じたいと思います。
上白石萌音さんの印象は、お芝居はもちろんですが、声がすごく綺麗な女優さんだと思うので、勉強させて頂きたいです。
みんなで何かを成し遂げることの大切さや普段気付かないけど支えてくれる人の温かさなども描かれる大人でも楽しめる作品だと思います。アクションシーンも大迫力です。ぜひ、劇場でご覧下さい!

(c)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017

映画ナタリーをフォロー