映画ナタリー

国産アニメ100周年特集、「桃太郎 海の神兵」「少年ケニヤ」「千年女優」など上映

349

「千年女優」 (c)2001 千年女優製作委員会

「千年女優」 (c)2001 千年女優製作委員会

国産アニメーションの誕生100年を記念した特集「スクリーンに蘇る!アニメーション傑作選」が、10月14日より神奈川・川崎市市民ミュージアムで行われる。

この特集は12月3日まで川崎市市民ミュージアムで開催中の企画展「にっぽんアニメーションことはじめ ~『動く漫画』のパイオニアたち~」の関連イベント。現存する日本最古のアニメーション「なまくら刀」などの初期短編集をはじめ、手塚治虫にも影響を与えた日本初の長編アニメ「桃太郎 海の神兵」、宮崎駿が脚本などを手がけた「パンダコパンダ」シリーズといった10のプログラムが用意された。

さらに大林宣彦が監督を務めた「少年ケニヤ」、今敏による「千年女優」が上映されるほか、1980年代に公開された劇場アニメ「幻魔大戦」「カムイの剣」「銀河鉄道の夜」「紫式部 源氏物語」もラインナップに。また岡本忠成の「おこんじょうるり」、川本喜八郎による「道成寺」といったコマ撮りアニメーションのプログラムも。スケジュールの詳細は川崎市市民ミュージアムの公式サイトで確認してほしい。

~企画展「にっぽんアニメーションことはじめ」連携上映~
国産アニメーション100周年記念「スクリーンに蘇る!アニメーション傑作選」

2017年10月14日(土)~11月26日(日)神奈川県 川崎市市民ミュージアム
料金:一般 600円 / 大学・高校生、シニア 500円 / 中学・小学生 400円 ※未就学児、障害者手帳等の所有者とその介護者は無料
<上映プログラム>
1.「くもとちゅうりっぷ」「桃太郎 海の神兵」
2.「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカス
3.「幻魔大戦」
4.「少年ケニヤ」
5.「カムイの剣」
6.「銀河鉄道の夜(1985年)
7.「紫式部 源氏物語」
8.「千年女優」
9.コマ撮りアニメーション短編集「岡本忠成と川本喜八郎」
10.初期短編集「蘇ったアニメーション」

映画ナタリーをフォロー