映画ナタリー

「マイティ・ソー」新作ワールドプレミア、天海祐希がC・ブランシェットと対面

207

左から天海祐希、ケイト・ブランシェット。

左から天海祐希、ケイト・ブランシェット。

マイティ・ソー バトルロイヤル」のワールドプレミアが、現地時間10月10日にアメリカ・ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターで行われた。

会場には、日本から駆け付けたファンを含む約2500人が集結。ソーとハルクが闘う競技場をモチーフにした全長125mのレッドカーペットには、女性ヴィラン・ヘラの日本語吹替を務めた天海祐希の姿も。トム・フォードのピンクのドレスをまとって登場した天海は、ヘラ役のケイト・ブランシェットと初対面を果たした。

ブランシェットの出演舞台をニューヨークまで鑑賞しに行ったほど、彼女を俳優として尊敬しているという天海。ブランシェットは「あなたの声の演技、ぜひ聞いてみたいわ! 次に日本に行ったときには、ぜひ拝見させていただくわね。きっとぴったりな、はまり役でしょうね」と天海の演技に期待を寄せ、「ハンマー(ムジョルニア)にネイルがマッチしていて、そのうえルックスまでヘラそのものね!」と太鼓判を押した。念願の対面に、天海は「映画では“死の女神”でしたけど、実際に会ったケイト・ブランシェットさんは“美の女神”でした!」と感無量の様子を見せる。

イベントにはソー役のクリス・ヘムズワース、ロキ役のトム・ヒドルストン、ブルース・バナー/ ハルク役のマーク・ラファロ、監督のタイカ・ワイティティ、マーベル・スタジオの社長で本作のプロデューサーであるケヴィン・ファイギらも出席。アベンジャーズの中で戦いたくないメンバーは?と天海が尋ねると、ヘムズワースは「誰でもかかってこい! だってやつらは所詮、弱っちい人間だから、俺の足元にも及ばないさ。……と言いたいところだけど、それはあくまでもキャラクターとしてね。みんな大好きな仲間だから、できれば誰とも戦いたくないな」とお茶目に回答した。

またヒドルストンは「この映画のクリスは、とにかく笑えること間違いなし! 肉体派のアクションスターというイメージが強いけど、実はコメディ俳優としても抜群なんだ。今作では、そんな彼のお茶目な部分を存分に堪能できるんじゃないかな」とヘムズワースを絶賛。ラファロは「ただ怒り狂っているだけのハルクじゃなくて、きちんと会話もできるってところが演じていて楽しかったね」と感想を述べる。ワイティティは「久しぶりに再会したキャストたちとこの映画の完成をこうして盛大に祝うことができてとてもうれしく思っている。エネルギー全開のカラフルでにぎやかな、僕らしいスタイルの映画にできたと思うよ」と満足げに語った。

「マイティ・ソー バトルロイヤル」は、11月3日より日米同時公開。

(c)Marvel Studios 2017

映画ナタリーをフォロー