映画ナタリー

斎藤工が吉村界人主演「サラバ静寂」に音楽を憎む警察官役で出演

282

「サラバ静寂」より斎藤工演じる杉村。

「サラバ静寂」より斎藤工演じる杉村。

吉村界人が主演を務める「サラバ静寂」に斎藤工が出演していることが明らかになった。

宇賀那健一が監督した本作は、娯楽が禁止された世界で、音楽に出会った若者たちの姿を描く“静かなるノイズミュージック映画”。吉村が主人公ミズト、若葉竜也がミズトの相棒トキオを演じ、浅野忠信とCharaを両親に持つSUMIREが本作で銀幕デビューを飾る。

斎藤は音楽を心から憎んでいる警察官・杉村役で出演。森本のぶが警察官の三島役を務めるほか、カトウシンスケ内木英二川連廣明泊帝影山祐子細川佳央らがキャストに名を連ねる。

斎藤は「海外の映画祭等に行く度に痛感するのは、若いチームだとか、バジェットがどうだとか、日本でどんな状況だとかそんな事は映画には全く関係なくて、そんな事を観に来てる人間は居なくて、それらを凌駕する“何か”が宿り、届くか否かでしかない。その“何か”を船頭である宇賀那監督から感じた気がしました」とコメントしている。

「サラバ静寂」は2018年1月27日より、東京・ユーロスペースほかにて全国順次ロードショー。

斎藤工 コメント

海外の映画祭等に行く度に痛感するのは、若いチームだとか、バジェットがどうだとか、日本でどんな状況だとかそんな事は映画には全く関係なくて、そんな事を観に来てる人間は居なくて、それらを凌駕する“何か”が宿り、届くか否かでしかない。その“何か”を船頭である宇賀那監督から感じた気がしました。

森本のぶ コメント

人は映画や音楽が無くても生きていけるのかもしれませんが、戦後の日本人を支えたのはやはり娯楽。映画や音楽を見聞きする事で人々の希望になったと思います。今でも映画・音楽を禁止する国が実際にあるらしいですが、日本も近い未来そんな事になり兼ねないと思えるリアリティーがこの映画にはあるとおもいます。自分が演じさせて頂いた三島役はそんな近未来の世の中で警察官という立場でありながら……難しい役どころを演じさせて頂きました。

(c)「サラバ静寂」製作委員会

映画ナタリーをフォロー