映画ナタリー

齊藤工、高橋一生、萩本欽一、小松政夫ら浅草に集結!したまちコメディ映画祭開幕

762

レッドカーペットイベントの様子。

レッドカーペットイベントの様子。

第10回したまちコメディ映画祭in台東が、本日9月16日に開幕。東京・浅草公会堂にてレッドカーペットイベントとオープニングセレモニーが行われた。

15日の前夜祭を経て、浅草公会堂前のオレンジ通りで本日行われたレッドカーペットイベントには、映画祭総合プロデューサーのいとうせいこうをはじめ、本映画祭オープニング作品「blank13」から監督の齊藤工斎藤工)、キャストの高橋一生神野三鈴、音楽の金子ノブアキ、「We Love Television?」から萩本欽一と監督の土屋敏男、「ヨスの海の夜」からイ・ソンウォンと監督のチョン・ヒョンソク、「野良スコ」の内山勇士が参加。本映画祭のメインビジュアルを手がけたマンガ家のいがらしみきお、コメディ栄誉賞に輝いた小松政夫、小松のリスペクトライブに出演するポカスカジャンワタナベイビー浅草ジンタも出席した。

さらに「たいとう観光大使&したコメ応援人」として友吉鶴心、ロケット団昭和こいる、「特殊メイクワークショップ」を行う西村喜廣、「男おばさん!!」の公開収録を行うアナウンサーの軽部真一と笠井信輔も姿を見せ、会場に駆け付けた観衆を盛り上げた。

オープニングセレモニーでは、まず登壇者を代表して小松が「浅草といえばコメディアンの発祥の地であります。そんなところでこうして舞台に立たせていただけるのをありがたく思います」と挨拶。そんな小松は、いがらしのファンであると言い、握手を求める。いがらしは「まさかそんな話が出るとは……」と恐縮しながら、「10回目のメインビジュアルのお仕事いただき、本当に楽しく仕事させていただきました」とコメント。さらに今回のタッグをきっかけに、いがらしといとうが遠い親戚であることが発覚したという話も飛び出し、会場は驚きで包まれる。

その話を受け、セレモニーに駆け付けたLiLiCoは「誰かの親戚だと発覚する奇跡も起きるんですね!」と目を丸くさせ、「blank13」チームにいる高橋に熱い視線を送るも、笑顔で流されるオチに。続いて萩本から「高橋一生さんと握手してもらいました! 本当によかった!(挨拶は)以上です!」と言われると、高橋は萩本に向けて深々と頭を下げていた。

初の長編監督作がオープニング作品に選出された齊藤は、「せいこうさんが10年間築いてきてくださったこの映画祭。こうして大先輩方の上がるステージに自分の映画を持ってこれたことを光栄に思います」と述べ、「祭りなんで楽しんでいってください!」と観客に笑顔を向ける。最後はいとうが「お客さん、キャスト、スタッフみんなが一緒になって楽しんで、素晴らしい場所をみんなで作っていきましょう!」と高らかに呼びかけ、映画祭の開幕を宣言した。

第10回したまちコメディ映画祭in台東は9月18日まで東京の上野、浅草で開催。

映画ナタリーをフォロー