映画ナタリー

「スター・ウォーズ」エピソード9、コリン・トレボロウが監督降板

84

コリン・トレボロウ

コリン・トレボロウ

「スター・ウォーズ」のエピソード9で監督を務める予定だったコリン・トレボロウの降板が、同シリーズのアメリカ版公式サイトにて現地時間9月5日に発表された。

2019年5月24日にアメリカ公開されるエピソード9は、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から始まる新3部作の最終章。サイトには「コリンは制作過程において素晴らしい協力者だったが、最終的に思い描くビジョンが異なるという結論に達した」とつづられている。新しい監督はまだ発表されていない。

なおエピソード8にあたる「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日より全国公開される。

※記事初出時より、「スター・ウォーズ」エピソード9のアメリカ公開日が2019年12月20日に変更となりました。

映画ナタリーをフォロー