映画ナタリー

入江悠「ビジランテ」にラッパー・般若がヤクザ役で出演

197

「ビジランテ」より、般若演じる大迫護。

「ビジランテ」より、般若演じる大迫護。

大森南朋鈴木浩介桐谷健太が主演を務める「ビジランテ」にラッパーの般若が出演していることがわかった。

入江悠が監督を務めた本作は、大森、鈴木、桐谷演じる3兄弟が父の死をきっかけに再会したことから物語が展開していくノワール。般若は、桐谷扮する三郎をデリヘルの店長として雇い従えるヤクザ・大迫護を演じた。入江は般若を「目力が凄いし、HIPHOPの世界を自分の体一つでのし上がって来た方ならではの説得力がありました。桐谷君や大森さんとは初共演ですが、現場ではまったく動じることなく渡り合っていました」と称賛。大迫のキャラクターについては「一度従属してしまうと逃れられないヤバい地方のチンピラ感がある一方で、どこか憎めない魅力的な部分もあります」と説明している。

「ビジランテ」は12月9日より東京・テアトル新宿ほか全国でロードショー。なお本作のクラウドファンディングが本日8月31日までMotionGalleryにて実施中だ。

※「ビジランテ」はR15+指定作品

(c)2017「ビジランテ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー