映画ナタリー

「ジョジョ」山崎賢人×小野友樹“ダブル仗助”がイチャイチャ、「ドラララッ」も披露

1595

左から小野友樹、山崎賢人。

左から小野友樹、山崎賢人。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の公開を記念したイベントが、本日8月20日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催された。

このイベントには本作で東方仗助を演じた山崎賢人と、テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」で仗助に声を当てた小野友樹が出席。山崎と小野の“ダブル仗助”が拳を重ね合わせると、会場に集まったファンは大きな歓声を上げた。

映画を観た小野が自身のTwitterアカウントで「いつか山崎賢人さんと、仗助の魅力を語り合ってみたいぜ」とツイートしたことから実現した今回のイベント。小野は「何度見てもグレートだぜ仗助」ともツイートしており、山崎は「本当にうれしいですね」としみじみ述べる。また2人は映画で広瀬康一を演じた神木隆之介と、テレビアニメで康一に声を当てた梶裕貴を含む4人で飲みに行ったことを明かし、小野は「神木くんめっちゃ卓球強くて」と楽しそうに振り返った。

続いて山崎は「(小野に)『3回目観てきたぜ』と言ってもらって。今僕はアニメを観返してるんですよ。やっぱりスタンド使いとスタンド使いは惹かれ合いますね」と述懐。映画を観た感想について小野は「スタンドとCGの相性が抜群ですよね。そして何より仗助! 僕は1年以上かけて自分なりの仗助を作り上げて演じたんですけど、それとは違ったアプローチで戦い抜いてくれた賢人の仗助を見ることができてうれしかったです」と興奮気味に話す。その後も止まらない2人の“相思相愛トーク”に、思わずMCが「これデートですか?」とツッコミを入れると、会場から大きな笑いが起こった。

また2人は仗助の「ドラララッ」というセリフにも言及。小野が「当時は毎日『ドラララッ』の素振りというか、練習をしていました。そもそも『ラ』を連続で言うのが難しいんですよね」と述べると、山崎は力強く「ドラララッ」と叫ぶ。小野は山崎のセリフ回しが気に入ったようで「賢人、それだよ……!」と称賛。さらに山崎は、立ち上がり腹に力を込めて「ドラララララララッッ!」と大声で披露し、観客を沸かせた。

イベントの終盤、山崎は「友樹さんと一緒にイベントに出ることができて本当にうれしかったです。僕らの話を聞いたうえでもう一度映画を観たらもっと楽しめると思いますよ」と集まったファンにメッセージを送った。

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は全国にて公開中。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 (c)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

映画ナタリーをフォロー