映画ナタリー

「HiGH&LOW」岩田剛典ら集結、山田裕貴が“だるまさんがころんだ”秘話明かす

6937

「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」初日舞台挨拶の様子。

「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」初日舞台挨拶の様子。

HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」の初日舞台挨拶が、本日8月19日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、岩田剛典黒木啓司NAOTO関口メンディー鈴木伸之町田啓太中村蒼山田裕貴が登壇した。

シリーズの脚本家・平沼紀久を司会に迎えて進行した同イベント。山王連合会のコブラ役・岩田は「『HiGH&LOW』シリーズが始まってかれこれ3年。もう役作りはできているんですが、今回は初めて山王連合会で内部亀裂が生じるので、リーダーとしてチームを守ろうとする気持ちを前回以上に強く持っていかないと、と思っていました」と語る。同じく山王連合会・ヤマト役の鈴木が、北九州での撮影中に岩田の誕生日を祝ったことを明かすと、岩田は「誕生日なのに北九州のホテルで1人……めちゃくちゃ寂しいなと思っていたら、山下健二郎さんに部屋に呼ばれて。真っ暗だったんですけど電気を点けたら山王連合会がみんないて、お祝いしてもらいました」と説明した。

本作で“復帰戦”に挑んでいるノボル役の町田は、「フォーとの戦いでト書きに『互角の戦い』って書いてあって、メンディーと互角に戦えるか不安でした。本番もやっぱりメンディーはフィジカルが強すぎて動かないし(笑)」と苦労を語る。また関口が「フォーは子供を守るために戦っているんですが……」と話し始めると、町田は思い出し笑いを浮かべてしまい「なんで笑ってる……?」とツッコまれる。関口は「やらなきゃだめか?」というフォーのセリフを再現して会場を沸かせた。

鬼邪高校・村山役の山田は、林遣都演じる達磨一家・日向と対面したシーンに関して「初めて林遣都くんとお芝居させてもらいました。3年経って、初めて日向ちゃんと絡んだんです。その中で『だるまさんがころんだ』を言えないかなと思って……皆さん気付きました?」とアドリブの演技を振り返る。「カットされないように、絶対ここは入るだろう!っていうシーンでやらせていただきました(笑)」と狙いを明かした。

本作から新たに登場するプリズンギャング・ジェシー役のNAOTOは、司会に役を紹介され「プリズンギャング内最強って言われると……こんなナリで出てきちゃってすみません」と照れ笑い。「仲がいいだけに、黒木さんやがんちゃんにどう役作りをしてきたのかを見られるのが恥ずかしかったです。『ああ、そういうふうに狂気的な雰囲気で来るんだ』とか思われそうで(笑)」と話す。ジェシーが神を信仰しているという設定は自身のアイデアだそうで、「いろんなバックボーンがあるといいなと思って提案させてもらいました」と裏話を披露した。

最後に岩田が「今年の夏は『HiGH&LOW』旋風を日本中に巻き起こしたい」と観客にアピール。そして黒木が「新しいキャラクターも増えて、主要キャストは60人になりました。この作品は1人ひとりが主役なので、皆さんも1人ひとりにスポットを当てて、最低60回くらいは観ていただきていです(笑)」と挨拶した。

この映画の公開記念舞台挨拶は本日19日のほか、明日20日にも開催。さまざまなキャストが全国8都市を訪問し、合計166回の舞台挨拶が行われる。

※映画ナタリーPower Push公開中!
マイナタリー特集 #3「HiGH&LOW THE MOVIE 2」黒木啓司×NAOTO / 白濱亜嵐×佐野玲於インタビュー
ROCKY、ジェシー、バーニー、タケシへの質問企画も PR

(c)2017「HiGH&LOW」製作委員会

映画ナタリーをフォロー