映画ナタリー

「ゆらり」の新キャスト7人発表、戸次重幸「父親の自覚はすでに芽生えていた」

749

「ゆらり」

「ゆらり」

劇団TAIYO MAGIC FILMの同名舞台を映画化した「ゆらり」の新キャストが7名発表された。

本作は石川の老舗旅館・赤木箱を舞台に、「あの時、伝えられなかった想い」を抱える人々が、時を超えて家族の絆を取り戻していくさまをファンタジックに描いたヒューマンドラマ。現在、未来、過去の3部構成となっており第1部に戸次重幸萩原みのり遠藤久美子山中崇、第2部に平山浩行、第3部に鶴田真由渡辺いっけいが出演している。

生き別れた娘を探しに赤木箱を訪れる高山を演じた戸次は「父親役はこれまでも何度もやらせていただいていたのですが、今回の様にここまで複雑な事情を背負った父親を演じたのは初めての経験でした。ただ撮影当時妻が妊娠中でしたので、父親の自覚はすでに芽生えていたのを覚えています」とコメントを寄せる。そのほか高山の娘を演じた萩原、赤木箱の女主人・泉凛香の母親を演じた鶴田のコメントも到着した。

主演を岡野真也内山理名が務め、横尾初喜が劇場映画で初めてメガホンを取った「ゆらり」は、11月より東京の池袋シネマ・ロサほか全国で順次ロードショー。

戸次重幸 コメント

父親役はこれまでも何度もやらせていただいていたのですが、今回の様にここまで複雑な事情を背負った父親を演じたのは初めての経験でした。ただ撮影当時妻が妊娠中でしたので、父親の自覚はすでに芽生えていたのを覚えています。それが今回の役を演じるに当たり自分を後押ししてくれました。ですから、娘役の萩原さんが自分の想いを吐露するシーンでは、自然に涙が流れました。不思議な時系列が魅力の作品です。是非ご覧ください。

萩原みのり コメント

ある日突然お父さんが帰ってこなくなった。“嫌い会いたくない”の言葉で寂しさを閉じ込めても、どうしても溢れ出てくる“会いたい大好き”の気持ち。どうやったって家族のことを嫌いになんてなれるわけがなくて。戸次重幸さん演じるお父さんに、精一杯、愛をぶつけました。お父さんっ子の私は、父がいなくなったら、を考えただけで涙が止まりませんでしたが、いてくれることも当たり前だけど、いつかいなくなることも事実で。観終わった後に家族にお礼を言いたくなるような、大好きと伝えたくなるような、そんな作品です。

鶴田真由 コメント

見ているうちに気が付いたら時空を超えて物語が進んでいく、そんな脚本にとても魅力を感じました。親が子を思う気持ち、子が親を思う気持ちは、いつの時代も変わらず「愛」がベースにあるのだと思います。そして、私の役もまた、娘を思いやる、ちょっとだけふわりと緩やかな母の役です。おっとりとしていて、ちょっぴり天然。そんなお母さん像を自分なりに作り上げました。ラストシーンの娘との食事のシーンは、岡野さんがとても頑張ってくれて素敵なシーンになったと思います。是非、ご覧ください。

(c)2017映画「ゆらり」製作委員会

映画ナタリーをフォロー