映画ナタリー

石田ゆり子がナレーション担当、味噌を作る子供たち追うドキュメンタリー公開

94

「いただきます~みそをつくる子どもたち」

「いただきます~みそをつくる子どもたち」

石田ゆり子がナレーションを務めるドキュメンタリー「いただきます~みそをつくる子どもたち」の公開が決定した。

映画化もされたエッセイ「はなちゃんのみそ汁」の“はなちゃん”が通った保育園としても知られる福岡・高取保育園で取り組んでいる味噌作りや、味噌汁・納豆・玄米・旬の野菜を中心にした和食の給食を取り入れた子育てを追う本作。子供たちが全園児200人分の味噌汁に使用する味噌100kgを毎月仕込み、毎日食べる玄米を研ぎ、梅干し・沢庵・高菜漬け作りにも参加するさまを通して、日本人と和食の深い関係が描かれる。

本作は、2016年に市民有志の寄付金と多くの人々の協力によって完成し、これまで西日本を中心に全国60カ所で自主上映を重ねてきた。今回の劇場公開にあたり、高取保育園への追加取材や内科医・奥田昌子、第68回文化庁芸術祭大賞を受賞したドキュメンタリー「みんなの学校」に出演した教育者・木村泰子のインタビュー、エンディングテーマに坂本美雨 with CANTUS「星めぐりの歌」を追加し、バージョンアップ。監督・撮影・編集を手がけたのはオオタヴィン。

石田は「美しい映像のなかに、驚きがいっぱいです。とにかく、こどもたちが可愛くて可愛くて、胸が、きゅんとなります」とコメントを寄せている。

「いただきます~みそをつくる子どもたち」は、10月7日より、東京・UPLINKほか全国順次公開。

石田ゆり子 コメント

ドキュメンタリー「いただきます」は、
美しい映像のなかに、驚きがいっぱいです。
とにかく、こどもたちが可愛くて可愛くて、
胸が、きゅんとなります。

「食べ方で、健康を保つ 食養思想」
日本の伝統的な知恵って
ほんとうに奥深いんですね。

それから、
この映画を見てると、なんだか無性に
お味噌汁の香りが懐かしくなります、
和食が食べたくなりますよ。

映画ナタリーをフォロー