映画ナタリー

「東京喰種」舞台挨拶にillionこと野田洋次郎が登場、ピアノで主題歌弾き語り

290

「東京喰種 トーキョーグール」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から萩原健太郎、窪田正孝、野田洋次郎、鈴木伸之。

「東京喰種 トーキョーグール」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から萩原健太郎、窪田正孝、野田洋次郎、鈴木伸之。

東京喰種 トーキョーグール」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日8月7日に東京・丸の内ピカデリーにて行われ、キャストの窪田正孝鈴木伸之劇団EXILE)、監督の萩原健太郎が登壇した。

石田スイのマンガを萩原健太郎が実写化した本作は、人を食らう怪人“喰種(グール)”がはびこる東京を舞台にしたダークファンタジー。主人公カネキを窪田が演じたほか、鈴木、清水富美加、蒼井優、大泉洋らが出演に名を連ねた。

イベントには、本作の主題歌「BANKA」を書き下ろしたillionこと野田洋次郎もスペシャルゲストとして登場。野田は「半年以上前に、この作品に合う曲を作ってほしいというお話をいただいて。プロデューサーの方や、関わってるすべての皆さんが、ものすごい熱量で『この作品を届けたい』という気持ちをぶつけてくださったんです」と明かす。

イベントでは、野田がピアノ弾き語りで「BANKA」を披露する一幕も。野田の生歌に窪田は「ヤバいっすね。本当にヤバいっすね」と感嘆し、「この作品の撮影は本当に大変だったんですけど、そのことを思い出しました。歌詞にこの『東京喰種 トーキョーグール』というものが詰まっていることを痛感して、今、この作品に関われてよかったなと思っています」と話した。

鈴木は「言葉が突き刺さるような音楽を目の前で聴かせてもらったのは初めて。余韻が抜けないですね」とコメント。そして「余韻と言えば、本日は8月7日。昨日8月6日は窪田さんの29歳のお誕生日です!」と突然切り出す。観客と登壇者がバースデーソングを窪田へ贈る中、ステージにケーキが登場。鈴木が「野田さん、無理やり余韻という言葉を引っ張ってすみません」と頭を下げると、野田は「とんでもございません! ようやった、ようやったよ!」と鈴木の肩を叩いた。

「東京喰種 トーキョーグール」は全国の劇場で上映中。

(c)2017「東京喰種」製作委員会 (c)石田スイ/集英社

映画ナタリーをフォロー