映画ナタリー

「猿の惑星:聖戦記」新予告、妻子を殺されたシーザーが復讐の旅路へ

78

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の新たな予告編がYouTubeにて公開された。

本作は、人類と同等の知能を持つ猿シーザーの物語を軸にした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の続編。愛する者を失ったシーザーの怒り、そして地球の支配権を懸けた猿と人類の決戦が描かれる。

予告編では、シーザーが人間と一緒に暮らしていた頃の映像からスタート。猿と人類が全面戦争になだれ込んでから2年後、ウディ・ハレルソン演じる大佐に妻子を殺されたシーザーが復讐の旅に出る様子が切り取られていく。

シーザーを演じたアンディ・サーキスは「シーザーと大佐は激しく衝突する別の種のリーダーであるとはいえ、互いを理解している。両者の間には奇妙な尊敬の気持ちがある」とコメント。前作に引き続きメガホンを取ったマット・リーヴスは「本作のスケールはシリーズのどの映画よりも大きいが、一方で中心となる核はそのまま維持している。つまりシーザーと猿たちに関係する感動のストーリーということだ」と語っている。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」は、10月13日から全国公開される。

(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画ナタリーをフォロー