映画ナタリー

「東京喰種」小笠原海、窪田正孝の顔舐めシーンや血まみれ撮影を振り返る

206

小笠原海(超特急)

小笠原海(超特急)

東京喰種 トーキョーグール」の公開記念舞台挨拶が本日8月2日、東京・ユナイテッドシネマ アクアシティお台場にて行われ、同作に出演した超特急のカイこと小笠原海が登壇した。

石田スイのマンガを萩原健太郎が実写化した本作は、人を食らう怪人“喰種(グール)”がはびこる東京を舞台にしたダークファンタジー。主人公カネキを窪田正孝が演じたほか、清水富美加、鈴木伸之(劇団EXILE)、蒼井優、大泉洋らが出演に名を連ねる。小笠原はカネキの唯一の親友・永近英良(ヒデ)に扮した。

出演オファーが来る前から原作ファンだったという小笠原は、映画オリジナルスタッフTシャツを着用して登場。周囲からの反響を司会者から問われると、「原作好きな友人から『観に行った』と連絡をもらいまして。『期待を裏切らず、すごくよかった』と言ってくれたのでうれしかったです」と答え、自身が演じた役に関しては「ヒデがカネキを思う気持ちが伝わっていてくれたらうれしいです」と話した。

イベントは観客と小笠原とのQ&A形式で進行。喰種のニシキにヒデが襲われるシーンの話題になると、ワイヤーに吊られて突っ込むヒデのアクションはCGではなく生身で演じたことが明らかに。その後、ヒデが血まみれになり気絶してしまうシーンへと続いていくが、小笠原は「2日間ずっと血みどろになっていました。血のりの赤色が髪に浸透して、髪が赤く染まっちゃって」と撮影時のエピソードを披露した。またヒデがハンバーグを食べるシーンについて、「食べたハンバーグのおいしさを伝えてください」とファンからリクエストされると、小笠原は「5皿くらい食べたんですけど、毎回アツアツのものを出してくださって。すごくジューシーで、噛めば噛むほど肉の甘みがしみでてきて……」と丁寧な食レポで笑いを誘う。

続いて観客から、カネキがヒデの顔を舐めるシーンに関する質問が。すると小笠原は、「あれは窪田くんのアドリブだったんです」と明かす。そして「窪田くんの腕の中に抱かれながら『どうなるんだろう?』と思っていたら、そういうアプローチで。びっくりしましたが、カネキの喰種としての一面が出ていたので、すごくいいシーンになりました」と満足げに述懐。「嫌ではなかったです。みんなも窪田くんに顔を舐められたら、嫌ではないはずですよ?」と同意を求めて会場を沸かせた。

「東京喰種 トーキョーグール」は全国の劇場で上映中。

(c)2017「東京喰種」製作委員会 (c)石田スイ/集英社

映画ナタリーをフォロー