映画ナタリー

「銀魂」Twitter特番、菅田将暉と吉沢亮がプライベートでの交流明かす

470

「銀魂」Twitter特番配信終了後のキャストたち。

「銀魂」Twitter特番配信終了後のキャストたち。

銀魂」のTwitter特番が、7月14日に配信された。映画ナタリーでは、収録現場と番組の様子をレポートする。

これは、Twitter Japanのアカウントにて生配信される特別番組。収録には、キャストの小栗旬菅田将暉橋本環奈吉沢亮長澤まさみ佐藤二朗ムロツヨシ、監督の福田雄一、そして本作に浪士役で出演しており、この日MCを務める酒井健太(アルコ&ピース)が集まった。配信開始前の打ち合わせから、キャストたちは和気あいあいとした様子。福田のほか小栗、菅田、橋本が、広島ロケで現場をともにしているはずの酒井を「初めましてですよね?」「平子(祐希)さんですか?」とイジる。

20時過ぎに配信がスタートし、まずエリザベスが1人で登場。この番組ではTwitter Japan公式ツイートのRT数が目標値を達成するごとに、出演者が増えていくことが明らかになる。RTが1万6000に達し、残すはムロツヨシと佐藤の2人になったところで、目標RT数が500万という莫大な数字であることが発覚する。しかし、本番前と同様にキャストからイジられ続けている酒井を見た2人が「『一生出るなってことか!』って台本には書いてあるんだけど、酒井さん(の進行ぶり)を見ていると胸がつぶれるようで……」と言いながら勝手にカメラの前へ。急遽ムロが司会を務める一幕もあった。

視聴者とのQ&Aコーナーでは、「撮影中に流行ったものは?」という質問が。福田は「俺がモニターのところにいると、必ず小栗くんが歩いてきて『大丈夫だった?』って聞いてくる。あれは絶対的な自信があるときしか聞いてこないんです」「それを菅田くんとカンカン(橋本)に話したんですよ。そしたらカンカンがアクションやって帰ってきて、わざと『大丈夫だった?』って(笑)」と、“大丈夫だった?ブーム”があったことを説明。小栗は「褒めてほしいんです(笑)」と照れていた。

ほかにも「銀魂メンバーで一番大雑把なのは?」という質問も寄せられた。吉沢が「僕はそんなに雑な人間じゃないですね」と言うと、菅田が「亮ちゃんはうちに来てくれたことがあるんですけど、全然雑じゃなくて。僕が貸した服とかもたたんで置いて帰ってました」とプライベートでの交流を明かした。

締めに入りかけたところで、ムロが「楽しいなーと思って」と言いながら突然ジャンプし始める。つられて他のキャストらも立ち上がり、本作の特別動画で使用されたオリジナル楽曲「銀魂音頭」を合唱。収拾のつかない状況に、ムロは「いかがでしたか、テレビでは流れないこの時間!」と興奮していた。番組の感想を聞かれた橋本は、「楽しかったです。またやりたいですね。次は平子さんで大丈夫ですか?(笑)」と挑発し、ペースを取り戻してきた酒井から「酒井でお願いします! なぜなら平子は(映画に)出てないから!」とツッコミが入る。そして小栗は「『銀魂』本日から公開ですので皆さんぜひ劇場でご覧いただければと思います」とメッセージを送った。

Twitter Japanの公式ツイートは特番終了時に2万8000以上のRTを獲得。なおこの番組のアーカイブは、同ツイートから視聴することができる。

「銀魂」は全国の劇場で上映中。

※映画ナタリーPower Push公開中!
「銀魂」小栗旬×菅田将暉インタビュー あの頃も今も“鼻をほじっている”ということ 空知英秋&福田雄一のコメントもPR

(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

映画ナタリーをフォロー