映画ナタリー

監視員が起こす事件描く「プールサイドマン」9月公開、チェコの映画祭への出品も

110

「プールサイドマン」

「プールサイドマン」

第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門の作品賞に輝いた「プールサイドマン」が、9月30日より公開されることが決定した。

北関東の小さな町を舞台に、プール監視員として働く孤独な男が起こした事件を描く本作。映画制作集団・大田原愚豚舎の渡辺紘文が製作、脚本、編集、監督の4役を務め、弟の渡辺雄司が製作と音楽監督を担当した。主演はこれが映画初出演となる今村樂。

「プールサイドマン」は東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。なお本作は、第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のAnother View部門に正式出品される。

映画ナタリーをフォロー