映画ナタリー

「ちはやふる」続編キャストが近江神宮に集結、新田真剣佑は改名への思い明かす

2357

前列左から小泉徳宏、矢本悠馬、新田真剣佑、広瀬すず、野村周平、上白石萌音、森永悠希。後列左から清原果耶、賀来賢人、優希美青、佐野勇斗。

前列左から小泉徳宏、矢本悠馬、新田真剣佑、広瀬すず、野村周平、上白石萌音、森永悠希。後列左から清原果耶、賀来賢人、優希美青、佐野勇斗。

広瀬すず主演「ちはやふる -結び-」の撮影が、6月13日に滋賀・近江神宮で行われた。

「競技かるた名人位・クイーン位決定戦」をはじめ、競技かるたの大会が多数開催されることから「かるたの殿堂」「かるたの聖地」と称される近江神宮。前作の「ちはやふる -上の句-」「ちはやふる -下の句-」でも多くのシーンが近江神宮にて撮影された。この日、袴姿で現れたのは広瀬、野村周平新田真剣佑上白石萌音矢本悠馬森永悠希優希美青佐野勇斗清原果耶賀来賢人の10名。そこに監督を務める小泉徳宏も加わり、朱塗りの楼門の下でカメラに笑顔を見せる。

撮影後には囲み取材も行われ、広瀬、野村、新田、小泉がインタビューに応じた。2016年4月に行われた「-下の句-」初日舞台挨拶にて続編の制作決定がサプライズ発表された際、ステージにへたり込んで号泣した広瀬。そのときの気持ちを問われると「わーってなりすぎちゃって、記憶に残ってなくて。夢みたいでした。いま(続編が)本当だったんだなと実感できてます」と、続編の撮影が充実していることを匂わせる。野村は続編発表時、「大丈夫かな、(キャストの)年齢とか。俺はまだ(高校生役が)いけるけど、いけないやつとか出てくるんじゃないかと」と心配していたことを茶目っ気たっぷりに語った。

同じ質問に対し新田は「また綿谷新という役をやれるんだ、みんなとまたかるたが取れるんだとうれしかったです。監督のもとでまたご指導していただけることもうれしくて」と真摯な表情。小泉は野村と新田のコメントの落差に「このコントラストね」と笑って見せた。また新田はギレルモ・デル・トロ監督作「パシフィック・リム」の続編へ出演するため、「ちはやふる -結び-」の撮影前は海外にいたと話し、「海外にかるたを持っていって。『パシフィック・リム』では日本人の役だったので、劇中の抜けのシーンでかるたやってますから! 本当に!」とかるたへの熱い思いを吐露。さらに小泉が「『パシフィック・リム』の撮影直後、体がムッキムキだったんです」と水を向けると、新田は「体型は戻したくて、こだわりました。11kg落として」と新を演じることへの並々ならぬ決意を明かした。

小泉は前作から2年ぶりに再集結したキャストたちについて「前より気合いが入ってる。続編というプレッシャーもあり、前作を上回らなきゃいけないというのがかるたの動きに出ています。別にかるたがうまくなれば前作を上回れるわけではないんですけど、そこに姿勢が表れている気がして」と分析。また「この3人以外のメンバーも、気合いの入り方が尋常じゃない。準クイーンで千早より強い設定の新キャストの清原さんをはじめ、絶対負けないという思いが滲み出てる。これぞ続編で、これぞ『ちはやふる』だなと感じました」と、キャストたちの気概を称え、続編への期待をあおった。

そして記者が原作者の末次由紀とのエピソードを尋ねると、新田は「僕、名前のことで話しました。『あらた』って使っていいですかって」と、真剣佑から“新田(あらた)真剣佑”へ改名した思いを語り始める。「『ちはやふる』は僕にとって日本に来てすぐの作品。芝居の経験が浅かったなか、監督や『ちはやふる』と出会って、芝居を志すきっかけになった大きな作品なんです。だから新(あらた)から取らせていただきました」を真意を明かした。すかさず野村は「俺らも名前入れなきゃいけないみたいな……野村太一周平にしようかな」と場を和ませる。新田が「初心忘るべからずって思いも込めて」と話すと、野村は「俺の初めての仕事はたぶんPVだから、野村PV周平にしようかな」と茶化し、小泉から「君は初心を思い出したほうがいいよ」とツッコまれていた。

「ちはやふる -結び-」は6月末にクランクアップ。前作から2年後、高校3年生になった千早たちの最後の全国大会が描かれる。

(c)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀/講談社

映画ナタリーをフォロー