映画ナタリー

「ハクソー・リッジ」メル・ギブソンとアンドリュー・ガーフィールドのコメント到着

54

「ハクソー・リッジ」

「ハクソー・リッジ」

6月24日に公開を控える「ハクソー・リッジ」。本作の監督メル・ギブソンと、主演を務めたアンドリュー・ガーフィールドのコメントが到着した。

本作は、第2次世界大戦時、モルヒネと包帯だけを持って最前線に赴き、1人で75人もの命を救った兵士デズモンド・ドスの実話を描いたもの。ガーフィールドのほかにはサム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン、ルーク・ブレイシーらがキャストに名を連ねる。

プロデューサーのビル・メカニックから粘り強くオファーされメガホンを取ることになったギブソンは「映画の世界は架空の英雄であふれている。そろそろ真の英雄を称賛してもいいのではないだろうかと僕は考え、本作を作り上げた」と語る。そしてドス本人については「戦争に身を投じたいという情熱の強さでは、彼はまさしく戦争協力者だった。だが、命を奪うためではなく、救うために戦う者として従軍したいと考えた。そこに心を奪われた」と言及した。

そして、脚本を読みドスを演じることを即決したガーフィールドは「この世にデズモンドのような人物が存在するのは希有なことだ。揺るぎない自分を持っていて、胸の奥からささやきかけてくるか細い声を聞き取る耳もあり、どんな状況に陥っても、何ができるか何を拒むかを心得ている」とコメント。ギブソンはそんなガーフィールドに対し「驚いた。揺るぎのない信念というデズモンドとの共通点があり、彼を生き写すように演じられる、唯一の役者だ」と称賛の声を寄せた。

「ハクソー・リッジ」は東京・TOHOシネマズ スカラ座ほか全国でロードショー。

(c)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

映画ナタリーをフォロー