映画ナタリー

「サクラダリセット」完結!野村周平「300億超えたらハリウッドで続編やろう」

84

「サクラダリセット 後篇」初日舞台挨拶の様子。

「サクラダリセット 後篇」初日舞台挨拶の様子。

本日5月13日、「サクラダリセット 後篇」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの野村周平黒島結菜平祐奈健太郎玉城ティナ恒松祐里吉沢悠丸山智己、監督の深川栄洋が出席した。

架空の街・咲良田が舞台の本作は、さまざまな能力を持つ少年少女たちの姿を描く青春ミステリー。主演の野村は「楽しかったなと疲れたなという思いが交差しています」と撮影時を振り返り、「もう一生説明ゼリフは言いたくないです!」と茶目っ気たっぷりに話す。そんな野村を、吉沢は「今までにいないタイプの若手。すっと懐に入ってくる感じが心地いい」と評する。

黒島は「感情が表に出ない役なので難しかったですが、春埼と一緒に私自身も成長できました。目線の動き、手の仕草、呼吸など細かい芝居に苦労しました」としみじみ。平は「1人になると寂しがりやだけど、人と話すときは強がっている子」と自身が演じたキャラクターを説明し、玉城は「私はクランクインのシーンが前編のクライマックスだったんです!」と述べて観客を驚かせた。

イベント中盤では、作品の完結を祝してくす玉を割ることに。ステージに運び込まれたくす玉を、野村は「バランスボールみたい!」と言いながらつつき、MCから注意を受ける。そして全員で紐を引いてくす玉を割ると中から「主演・野村周平さん、遂に完走! 総記憶保持セリフ数230ページ! 総出演数138媒体!!」と書かれた垂れ幕が現れた。ほかの登壇者たちから「お疲れ様でしたー!!」とねぎらいの言葉をかけられた野村は「バラエティに何本出たか……。おかげさまでバラエティ慣れしました」とはにかむ。

続いて、野村へさらなるサプライズが用意されていることがMCの口から明らかに。その内容はキャストやスタッフからのお礼の手紙で、黒島は「現場で助けてもらって感謝しています。私のこと忘れないでください!」と、平は「また共演できるといいなって思っています」と野村への思いを述べた。それを受けて野村は「僕は(この場では)泣かないですよ! 家でしくしく泣きます。みんな涙を期待してるでしょ? 出ないから!」とコメントするも健太郎に「ちょっと目が潤んでますよね?」とツッコまれ、「潤んでないから!」と反論した。

そして最後に野村が「2部作の主演をやるのは初めてで緊張しましたが、何も悔いがなくて、燃え尽きたなという気持ちです。(興行収入が)300億を超えたら続編をやろうと思います。次はハリウッドでお待ちしております」とジョークを交えながら挨拶し、イベントを締めくくった。

(c)2017映画「サクラダリセット」製作委員会 (c)河野裕・椎名優/KADOKAWA/アニメ「サクラダリセット」製作委員会

映画ナタリーをフォロー