映画ナタリー

「ダブルミンツ」完成に淵上泰史&田中俊介が達成感、「愛せる役に巡り会えて幸せ」

471

「ダブルミンツ」完成披露舞台挨拶にて、左から川籠石駿平、須賀健太、淵上泰史、田中俊介、小木茂光、内田英治。

「ダブルミンツ」完成披露舞台挨拶にて、左から川籠石駿平、須賀健太、淵上泰史、田中俊介、小木茂光、内田英治。

ダブルミンツ」の完成披露舞台挨拶が、本日5月11日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、淵上泰史田中俊介BOYS AND MEN)、須賀健太川籠石駿平小木茂光、監督の内田英治が登壇した。

中村明日美子のマンガを実写化した本作は、同じ「イチカワミツオ」という読みの名前を持つ2人の男が衝撃的な再会を果たし、犯罪の世界へ落ちていくさまを描く物語。舞台挨拶では淵上演じる壱河光夫を“白ミツオ”、田中演じる市川光央を“黒みつお”と区別しながらトークが展開された。

淵上は当初、マネージャーの手違いで黒みつお役だと聞いていたが、「田中くんに会ったとき違和感があって。(田中の)顔がもう原作と似てるじゃないですか!」と勘違いからスタートしたことを明かす。一方の田中は、クランクインの1年前から出演が決まっていたため、役作りの段階でさまざまなアプローチができたと述懐。「端から見たら『つらい』と言われるようなこともやっていますが、本当に向き合い、愛せる役に巡り会えて幸せに感じています」と達成感をにじませる。

高校時代の光央を演じた須賀は黒みつおを演じられたことがうれしかったようで、「僕自身のイメージを拭えるキャラクターを演じるのは、役者として楽しいし挑戦でもあるので、何よりうれしかったです」と笑顔でコメント。また川籠石は高校時代の光夫を演じ、「原作では目が印象的でした。淵上さんが色気のある目をされているので、僕も意識して演じました」と自身の役作りについて述べた。

ヤクザの組長・佐伯役の小木は、“ミツオ”にかけて終始「“あんみつ”役です」とボケをねじ込み、そのたびに田中からツッコミが。本作については「田中くんはキュートな小悪魔、淵上くんはミステリアスな堕天使。その2人が絡み合う世界をヤマタノオロチ的に僕が眺めている。そんなふうに監督は捉えていたのかな?」と表現した。

また内田は、現場では監督の立場から主演2人の「ギクシャクした感じ」を見つめていたと回想。「田中くんは普段けっこうおとなしい。淵上くんは人を寄せ付けないオーラがあるから、あるとき田中くんが『監督! 話しかけてもいいんでしょうか!?』と聞いてきて。『勝手に(どうぞ)』と(笑)。だんだん仲良くなっていく過程が楽しかった」と笑う。

最後に淵上は「いろいろ思うところもあると思いますが、監督含めみんな一生懸命この日のためにがんばってきました」、田中は「ラストシーンを迎えたとき、光が強く見えるのか、闇のほうが強く見えるのか。それぞれ捉え方が違うと思うので、皆さんの反応を楽しみにしています」と観客に呼びかけた。

「ダブルミンツ」は6月3日より東京のシネ・リーブル池袋ほかでロードショー。

(c)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (c)中村明日美子/茜新社

映画ナタリーをフォロー