映画ナタリー

フィルムセンター研究員による“物質としての映画”巡る著書が映画本大賞1位に選出

232

東京国立近代美術館フィルムセンターの主任研究員・岡田秀則の著書「映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画」が、「キネマ旬報 映画本大賞2016」の第1位に選ばれた。

映画雑誌・キネマ旬報が実施している「映画本大賞」は、前年度に出版された映画に関する書籍の中からベスト10を選出するもの。第1位に輝いた同書には、映画の保存に携わってきた岡田による“物質としての映画”にまつわるエッセイが収められている。目次には「日本では映画は保存しないようです、とアラン・レネは言った」「ジョナス・メカスの映画保存所に行った」といった見出しが並び、巻末には岡田と蓮實重彦の対談も収録。

なお5月6日発売の「キネマ旬報 5月下旬号」に岡田のインタビューと選考人の選評が掲載される。「キネマ旬報 映画本大賞2016」のベスト10は以下の通りだ。

キネマ旬報 映画本大賞2016

第1位「映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画」岡田秀則 著
第2位「まわり舞台の上で 荒木一郎」荒木一郎 著
第3位「ハワード・ホークス映画読本」山田宏一 著
第4位「ヒッチコック映画読本」山田宏一 著
第5位「映画監督 小林正樹」小笠原清、梶山弘子 編著
第6位「ジョージ・キューカー、映画を語る」ギャビン・ランバート 著、ロバート・トラクテンバーグ 編
第7位「東京映画地図」宮崎祐治 著
第7位「森卓也のコラム・クロニクル 1979-2009」森卓也 著、和田尚久 編
第9位「塚本晋也『野火』全記録」塚本晋也 著
第10位「署名はカリガリ 大正時代の映画と前衛主義」四方田犬彦 著
第10位「呑むか撮るか 平山秀幸映画屋(カツドウヤ)街道」平山秀幸 著、鈴村たけし 編

映画ナタリーをフォロー