映画ナタリー

「3月のライオン」神木隆之介、後編初日にサプライズ発表で笑顔「幸せです!」

297

「3月のライオン」後編の初日舞台挨拶にて、左から前田吟、清原果耶、倉科カナ、神木隆之介、有村架純、加瀬亮、伊勢谷友介、大友啓史。

「3月のライオン」後編の初日舞台挨拶にて、左から前田吟、清原果耶、倉科カナ、神木隆之介、有村架純、加瀬亮、伊勢谷友介、大友啓史。

「3月のライオン」後編の初日舞台挨拶が本日4月22日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催され、キャストの神木隆之介有村架純倉科カナ清原果耶前田吟加瀬亮伊勢谷友介、監督の大友啓史が登壇した。

神木扮する17歳のプロ棋士・桐山零が、3姉妹との交流やライバル棋士たちとの対局を通じて成長するさまを2部作で描いた「3月のライオン」。まず登壇者たちは、前後編通して好きなシーンをそれぞれ発表することに。神木はシーンの雰囲気によってダッフルコートなど衣装の色合いが異なることに言及したほか、「前編と後編で、零が川本家に向かって歩く速度をちょっと変えてるんです。後編では心に余裕ができた感じを出したかった。そこも観てもらいたいです」と演技の違いを明かす。

伊勢谷は“妻子捨男”こと3姉妹の父・誠二郎として、後編から参加した。本作と同じく羽海野チカが原作を手がけた「ハチミツとクローバー」でも加瀬と共演しているが、「前回は僕が天才の役だったんですけど、今回は天才を交換で(笑)」と互いの役柄に触れながら苦笑い。そして「(加瀬扮する)宗谷率いる棋士たちの戦いがカッコよかった! それに神木くんじゃなきゃこの映画をやれないくらい、神木くんが詰まっていました!!」と本作への称賛が止まらず、「(前編を観て)ただのファンになってから参加したので」と弁解して共演者たちを笑わせる。

また加瀬は「前編のオープニングが、映画の世界に入っていきやすくなっていて好きです」、有村は「川本家のシーンでは零くんもひなちゃんもあの温かさに救われていたんだと思いました」とそれぞれ回答。清原と倉科が食事シーンの思い出を振り返った際には、神木が「本当においしかったっす! 零は華奢だけどすごくよく食べるイメージにしたくて、ずっと大口で食べてました」と裏話を披露する場面も。

前田は「いやあ、もう忘れちゃったよ」と首をかしげつつも、「この監督は俳優の魅力を引き出すのが日本一! 黒澤明監督の孫がここに誕生しました!」と大友を手放しで大絶賛。賛辞に恐縮しながら、大友は「前後編どちらも、皆さんの中に物語が残り、ここからまた続いていったらいいなと考えていました」と作品に込めた思いを語った。

舞台挨拶の終盤には、第20回上海国際映画祭に「3月のライオン」が正式出品されるというサプライズ報告が。通常2部作の場合は連続上映のプログラムになるが、今回は同映画祭史上初めて2夜連続でプレミア上映される。発表に驚く神木は「史上初ですか……いいですね、史上初って響き! 幸せです!」と笑顔を見せた。

「3月のライオン」前編 / 後編は全国の劇場で公開中。

※映画ナタリー Power Push 公開中!
映画「ミュージアム」特集 大友啓史インタビュー

(c)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画ナタリーをフォロー