映画ナタリー

芝居とラップは同じ?「PARKS」染谷将太のコメント&新写真が到着

314

染谷将太

染谷将太

PARKS パークス」に出演する染谷将太からコメントが到着。新たな場面写真も公開された。

瀬田なつきが監督した本作は、東京・井の頭恩賜公園の開園100周年を祝う公式事業として製作された青春音楽映画。劇中では、吉祥寺に住む大学生・純、亡き父のかつての恋人・佐知子を探す高校生ハル、佐知子の孫・トキオの3人が、佐知子らの遺したある楽曲を完成させるため奮闘していく。橋本愛永野芽郁も出演し、トキオ役の染谷は劇中でラップも披露している。

3人がセッションする場面での楽曲「PARK MUSIC session at Jun's room」には、作詞に染谷の名前もクレジットされている。その理由を染谷は、「台本には瀬田さんが書いた歌詞があったんですけど、瀬田さんはラップができる人ではないので……。そしたらある日音楽スタジオに呼ばれて、瀬田さんと(音楽監修の)トクマルシューゴさんに『どうしよっか』と言われたんです。あ、俺も一緒に考えるんだ!って(笑)」と説明。友人であるTHE OTOGIBANASHI'Sの楽曲にラップで参加したことのある染谷は「あのときに(リリックを)書いちゃったから、書けると思われた」と笑う。

これまで「TOKYO TRIBE」でもラップを披露している染谷。演技とラップの違いに関しては「お芝居は自分でリズムを作るけど、ラップはリズムに合わせないといけないという違いはあります。でもどういう声を出すか、どういう顔をするかを考えるという意味ではあまり違わないと思う」と話す。「『TOKYO TRIBE』でラッパーの方々に『芝居やってたらラップはできる』って言われて、なるほどなと思いました。僕は逆に『ラップやってたら芝居できる』って返したんですけど」と回想した。

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」「5windows」に続き瀬田組に参加した染谷は、「瀬田さんの映画は芸大時代からずっと好きだった」と明かす。その魅力として“女の子が輝く映画”であることを挙げ、「瀬田さんの映画はどこかポップで楽しいんだけど、出てくる女性から寂しさが漂っていて。それが瀬田さんらしい魅力の引き出し方なんだと思う」と分析。「今回もそうなったらいいなと思っていました」と振り返った。

そして染谷は、本作について「時間の行き来や人との関係性、終盤へ進むにつれての混乱具合が見事だったので、この映画はある種瀬田さんの集大成なんじゃないかと思っています」とコメントを寄せた。

「PARKS パークス」は4月22日より東京・テアトル新宿ほか全国で順次ロードショー。

(c)2017本田プロモーションBAUS

映画ナタリーをフォロー