映画ナタリー

ヴィン・ディーゼルら「ワイルド・スピード」ファミリーがNYプレミアに集結

44

左からタイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ナタリー・エマニュエル、ヴィン・ディーゼル。

左からタイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ナタリー・エマニュエル、ヴィン・ディーゼル。

ワイルド・スピード ICE BREAK」のワールドプレミアがアメリカ現地時間4月8日にニューヨークで行われ、ヴィン・ディーゼルらが参加した。

このイベントにはディーゼルのほか、キャストのドウェイン・ジョンソンシャーリーズ・セロンスコット・イーストウッドジェイソン・ステイサムミシェル・ロドリゲスカート・ラッセル、監督のF・ゲイリー・グレイらが出席。約300人のファンの歓迎を受けたディーゼルは「汗が出るほど興奮してるよ。本シリーズのファンは最高だ。間違いない。世界のいろんな場所で撮影ができて、俺は恵まれていると思うよ」と喜びの声を上げ、セロンは「私が演じた新しい悪役を、観客が気に入ってくれたらうれしいわ。彼女は超イカれてるの」と自身が演じたキャラクターについてコメントした。

そしてジョンソンは「エキゾチックな舞台に、カッコいい車、美しい女性たち、クールなセリフを言うクールでタフな男たち。とにかく、とても楽しい作品だよ」と、イーストウッドは「最高にクレイジーな作品だ。世界を救おうとして大変な目に遭っても、シリアスになりすぎないところがいいね」と本作をアピール。グレイは「私にとってもっとも重要なのは、“ファミリー”がテーマであるということだ。世界の現状が大変だからこそ、よりよい世界を目指すことが大切だよ。世界中の誰もが、みんなと仲良くしたいと感じていると思う。本シリーズが、そういう気持ちの象徴であることを願うよ」と作品に込めた思いを語った。

「ワイルド・スピード ICE BREAK」では、ドミニクがサイバーテロリストのサイファーと手を組み、ファミリーを裏切るという物語が展開していく。4月28日より全国でロードショー。

(c)Universal Pictures

映画ナタリーをフォロー