映画ナタリー

ジャ・ジャンクーが映画祭を立ち上げ、非西洋圏の作品にスポット当てる

57

ジャ・ジャンクー(写真提供:Meng Tao Xinhua News Agency / Newscom / ゼータ イメージ)

ジャ・ジャンクー(写真提供:Meng Tao Xinhua News Agency / Newscom / ゼータ イメージ)

中国の映画監督ジャ・ジャンクーが新たな国際映画祭を立ち上げることを、Indiewireなどが報じた。

平遥臥虎蔵龍国際映画祭と名付けられたこのイベントは、非西洋圏の作品にスポットを当てると同時に、中国の映画製作者の意識を高めることを目的とするもの。第1回は、山西省平遥にて現地時間10月19日から26日に開催される。

なお映画祭の“臥虎蔵龍”という名称はアン・リーの武侠映画「グリーン・デスティニー」の原題から取られている。アートディレクターを務めるのは、ローマ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭、ロカルノ国際映画祭に携わってきたマルコ・ミューラー。

なおジャ・ジャンクーは現在、新作「西遊記」のプリプロダクション中だ。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー