映画ナタリー

山田孝之と石井杏奈が共演、河瀬直美の短編「パラレルワールド」SSFFで上映

444

「パラレルワールド」メインビジュアル (c)LDH pictuers

「パラレルワールド」メインビジュアル (c)LDH pictuers

山田孝之石井杏奈E-girls)が共演した短編映画「パラレルワールド」が、6月1日から25日にかけて東京と神奈川で開催される、ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2017にて上映される。

「パラレルワールド」は、EXILE HIRO率いるEXILE TRIBEと同映画祭のコラボ企画「CINEMA FIGHTERS」の第1弾作品。15年ぶりに母校の天体観測室を訪れた徹が、当時思いを寄せていた真矢のメッセージが記されたノートを発見することから物語が展開する。河瀬直美が監督を務め、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの楽曲「Unfair World」の世界観を映像化した。

また、このたび河瀬からのコメントが到着。河瀬は「果たせなかった夢、止める事のできない刻、それらを映画が繋ぎ止め、やり直すチャンスを与えるものだとしたら……。この世界にくりかえしまみえる太陽と月の光は人間の営みを見守るようにある。時空を行き来することのできるパラレルワールドへ、ようこそ」と述べている。

なお現在5人の映画監督が「CINEMA FIGHTERS」と連動したショートフィルムを制作中。映画祭では、それらを含む約250本の作品が上映される。鑑賞料金は無料で、4月下旬よりPeatixにて事前予約がスタートする予定だ。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

河瀬直美 コメント

アンフェアワールドはその歌詞の中に込められた想いに寄り添うと、自ずと映像が浮かんだ。切ない想いは母校の天文観測室へ寄せられ、在学中は立ち入ったことのない空間に足を踏み入れると不思議なことにあの頃が走馬灯のように蘇って来た。果たせなかった夢、止める事のできない刻、それらを映画が繋ぎ止め、やり直すチャンスを与えるものだとしたら……。この世界にくりかえしまみえる太陽と月の光は人間の営みを見守るようにある。時空を行き来することのできるパラレルワールドへ、ようこそ。

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2017

2017年6月1日(木)~25日(日)
東京都 表参道ヒルズ スペース オー、ラフォーレミュージアム原宿、アンダーズ 東京 アンダーズ スタジオ、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、Act square
神奈川県 ブリリア ショートショート シアター
料金:無料 ※一部のイベントを除く

映画ナタリーをフォロー