映画ナタリー

菜乃華、おそろしい子…!「はらはらなのか。」舞台挨拶で川瀬陽太がうなる

428

「はらはらなのか。」先行上映舞台挨拶の様子。

「はらはらなのか。」先行上映舞台挨拶の様子。

はらはらなのか。」の先行上映が本日3月7日に東京・新宿武蔵野館にて開催され、舞台挨拶に原菜乃華松井玲奈吉田凜音粟島瑞丸、もも(チャラン・ポ・ランタン)、川瀬陽太、監督の酒井麻衣が登壇した。

本作は女優志望の少女・ナノカが、亡き母の面影を追いながら人々との出会いを経て成長していくファンタジー。

撮影期間に誕生日を迎えて13歳になった原は、本作について「私にとって、覚悟を決めた作品になりました。今までは『女優さんになりたいけど、なれなかったらどうしよう?』と考えることもあったのですが、この作品に出てから『何がなんでも絶対に女優さんになろう!』と決めました」と述べる。それぞれのキャストに会ってからセリフを決めていったという酒井は、「こういう映画を撮った以上、(原には)女優さんとして活躍してほしいという思いがあったので、そう言ってもらえてうれしい」と言葉をかけた。

ナノカを見守る存在・リナ役の松井は、「こんなにかわいい子を見守れるなんて、なんて幸せなことだろうと思っていました。ナノカのお母さんとリナがリンクするようにお芝居しないといけなかったので、母という存在に近づけるように、監督とお話して役を作っていきました」と現場を振り返る。

主題歌を担当しながら出演も果たしたももは、ナノカに自撮りのやり方を教えるシーンに関して「菜乃華ちゃんは、どこの角度から撮ってもすっごくかわいいんですよ。なので『ちょっと下手くそすぎでしょ!』っていうセリフは、自分に嘘ついてるみたいでした(笑)。めちゃくちゃかわいいけどね!って心では思ってました」と笑いを誘う。そしてナノカの父親役の川瀬は、原の才能を認め「『ガラスの仮面』風に言うと、“菜乃華、おそろしい子……!”ですね。いつかバレエのトウシューズに画鋲を入れてやろうと思います(笑)」とコメントした。

最後に酒井が「劇中で凜音ちゃんが歌う曲にも込められているのですが、人が誕生するときこそ物語が生まれる瞬間だと思うんです。観たあと、ご両親に『産んでくれてありがとう』って言いたくなるような作品にこの映画がなっていたらうれしいです」と挨拶し、舞台挨拶を締めくくった。

「はらはらなのか。」は4月1日より東京・新宿武蔵野館にて全国ロードショー。

(c)2017「はらはらなのか。」製作委員会

映画ナタリーをフォロー