映画ナタリー

劇場版「ウルトラマンオーブ」石黒英雄、森次晃嗣、高橋健介が変身披露

689

「劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」完成披露舞台挨拶の様子。

「劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」完成披露舞台挨拶の様子。

劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」の完成披露舞台挨拶が本日2月23日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの石黒英雄森次晃嗣高橋健介椿鬼奴ジャングルポケットのおたけ、太田博久、斉藤慎二が登壇した。

ウルトラマンオーブに変身するクレナイ ガイ役の石黒は、集まったファンに目を向けながら「子供たち多いですね! みんな元気ー?」とうれしそうに呼びかける。続けて、邪悪な宇宙魔女賊ムルナウを演じた鬼奴について「普段はお酒をたくさん飲むイメージなんですけど、演技のときはまるっきり別人のようで。鬼奴さんのおかげで気が引き締まったというか、映画を撮影してるという実感が湧きました。あとは見ての通り美しいですよね」と称賛する。

大空大地 / ウルトラマンエックス役の高橋は「いつまでもエックスがセンターに立ってほしいという思いはありますけど、やっぱり今年はオーブですね。オーブの力になれたらうれしいです」と吐露。「まだエックスのこと覚えてる?」という呼びかけに対し、会場にいる子供たちから「はーい!」と大きな声で返答があると、高橋は満面の笑みを浮かべた。またモロボシ・ダン / ウルトラセブン役の森次は「最近疲れがきてますけど、モロボシ・ダンが好きですから。80歳になってもウルトラアイはかけたいです」と話し、会場を盛り上げる。

劇中に地球を宝石に変えようと目論む宇宙人軍団が登場することにちなみ、この世で一番美しいと思うものについて聞かれた登壇者たち。鬼奴は「やはり夫からもらった結婚指輪ですね。まだ借金の返済終わってないですけど」と明かし、観客の笑いを誘う。そして斉藤は「子供の笑顔です」と“ドヤ顔”で語るも、おたけと太田からツッコまれることはなく、「うん……いいこと言いますよね」と自らに言い聞かせ、場をにぎわせていた。

イベント終盤には森次、高橋、石黒の3名が変身シーンを披露することに。森次が「デュワッ!」、高橋が「エックスー!」、石黒が「3つの光の力、お借りします。オーブトリニティ!」と発すると、ウルトラセブン、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ オーブトリニティが登場し、観客席からは大きな拍手が送られる。最後に石黒は「この作品に参加できて本当によかったです。ウルトラマンの名に恥じないよう、これからもがんばっていきます」と力強く語った。

田口清隆が監督を務めた本作は、特撮ドラマ「ウルトラマンオーブ」の劇場版。声優キャストとして山寺宏一、中村悠一、宮野真守、Da-iCEの工藤大輝と花村想太も名を連ねている。3月11日より全国ロードショー。

(c)劇場版ウルトラマンオーブ製作委員会

映画ナタリーをフォロー