映画ナタリー

マイルズ・テラーがプロボクサー演じる、スコセッシ製作総指揮の実話ドラマ

51

「セッション」のマイルズ・テラーが主演を務める「Bleed for This」の邦題が「ビニー/信じる男」に決定し、5月より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開されることが明らかになった。

マーティン・スコセッシが製作総指揮を執った本作は、実在のボクサー、ビニー・パジェンサの波瀾万丈な人生を描いた実話ドラマ。世界チャンピオンとして君臨していたパジェンサは、ある日交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。周囲の人々が復帰を絶望視し離れていく中、パジェンサはトレーナーのケヴィンとともにどん底から王座奪還を目指す。

パジェンサをテラーが、ケヴィンをアーロン・エッカートが演じ、ほかにケイティ・セイガルキアラン・ハインズテッド・レヴィンらが出演。「マネー・ゲーム」のベン・ヤンガーが監督を務める。

映画ナタリーをフォロー