映画ナタリー

「この世界の片隅に」興収10億円突破、全国58館での拡大公開決定

6647

「この世界の片隅に」ビジュアル (c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

「この世界の片隅に」ビジュアル (c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

片渕須直が監督を務めた「この世界の片隅に」が、1月4日付けで動員75万人、興行収入10億円を突破。全国58館での拡大公開が決定した。

こうの史代のマンガをもとにした本作は、戦時中の広島・呉市を舞台に、身近なものを失っても前向きに生きていく少女すずの姿を描くアニメーション。主人公のすずに、のんが声を当てた。

公開8週目にあたる12月31日から1月1日にかけての週末動員ランキングでは、前週よりも順位を上げて9位にランクインした本作。初週に63館からスタートした上映館数は、1月4日までに116館に拡大し、1月7日からは新たに全国58館で公開。累計で200館を超える予定だ。また1月7日以降は、埼玉・川越スカラ座、東京・キネカ大森、神奈川・横須賀HUMAXシネマズ、大分・シネマ5、長崎・シネマボックス太陽などで舞台挨拶の開催が決定している。

映画ナタリーをフォロー