映画ナタリー

松坂桃李は“暴走機関車”!菅田将暉が「キセキ」共演シーンの裏話明かす

1330

「キセキ ーあの日のソビトー」完成披露の様子。

「キセキ ーあの日のソビトー」完成披露の様子。

本日12月6日、「キセキ ーあの日のソビトー」の完成披露が東京・丸の内TOEIにて行われ、キャストの松坂桃李菅田将暉忽那汐里横浜流星成田凌杉野遥亮、監督の兼重淳が登壇した。

本作は、4人組音楽グループGReeeeNの楽曲「キセキ」が誕生するまでの歩みを描く青春ドラマ。松坂がGReeeeNの音楽プロデューサーのジンを、菅田が同グループのリーダーでジンの実弟でもあるヒデを演じる。

松坂と菅田の2人は、撮影前にGReeeeNのメンバーと対面したという。松坂は「ジンさんは言葉に吸引力がある方。そんな方を演じるのは雲をつかむような感じがするのかなと思ったけど、素直に現場に入れました」とコメント。そして菅田が「桃李くん、ジンさん、ヒデさんと食事会をしたんです。桃李くんとジンさんは似てるなって思いました。ネイチャー感というか、山、川、風……というか。動物的なところも似てる!」とにこやかに話すと、松坂は「ヒデさんと菅田も似てたよね」と続けた。

菅田とともにGReeeeNのメンバーを務めた横浜は「不安や緊張がありました。GReeeeNさんが大好きだからこそ責任を持って演じさせていただきました」と実在の人物を演じた気持ちを振り返った。成田も「責任感を感じました」と述べるが、菅田に「にやにやしないで! 俺ら、今度さいたまスーパーアリーナに行くんだぞ!」とツッコまれて慌てた様子を見せる。杉野は「GReeeeNさんの映画に出られると聞いて胸がいっぱいになりました」と元気いっぱいに答えるが、菅田から「だいぶ端折ったね! こういうことがあって胸がいっぱいになったとかは?」と具体的なエピソードを求められると、「ストーリーや『道』という歌が感動的で……感動しました!」とはにかんだ。

イベント中盤には、劇中のシーンをパネルで振り返るコーナーが設けられた。ジンとヒデが兄弟喧嘩をする場面では、松坂が「以前『王様とボク』で菅田と共演シーンを撮影したときに『なんかザワッとしたよね』と言い合っていたんですが、あの感じを思い出しました」としみじみ。菅田は「このシーンで桃李くんにつかまれて、あざになったんですよ。1週間治らなかった」とぼやき、松坂が「ごめん!」と繰り返し謝る姿を見て「謝られても傷は癒えないんでね。桃李くんは手を抜かないんですよ。暴走機関車ですね!」と茶目っ気たっぷりに話した。

さらにライブシーンを捉えたパネルが出ると、菅田と横浜、成田、杉野は「楽しかったよね!」と声をそろえ、そんな4人を見て忽那は「私はいつも見ている側なんです。いいなあと思いながら眺めていました」とうらやましがる。ライブシーンの撮影では会場の熱気がすさまじく、横浜のメガネが曇ったという裏話が披露されたあとは、松坂がライブパフォーマンスをする場面に話題が及ぶ。松坂は「最初は歌わないって聞いてたから『よかった! 歌苦手だからなあ」って思ってたら、台本の1ページ目から歌ってるんですよね。『歌とホラーはちょっと(NG)』と言っていたんですけど……」と苦笑い。そんな松坂のライブシーンを鑑賞した菅田は「手がエロいです! そこが見どころですね」と観客にオススメして、松坂を「そんなんじゃないから!」と照れさせた。

最後に、菅田が「GReeeeNさんに敬意を表して一生懸命作りました。二兎を追うものが二兎を得るということに、演じながら勇気をもらえました」と、松坂が「心が温かくなる映画です。今自分がやっていること、やろうとしていることは、自分で選択したからそれが正解なんだと後押しされたような気がしました」と挨拶してイベントを締めくくった。

「キセキ ーあの日のソビトー」は、1月28日より全国でロードショー。

(c)2017年「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

映画ナタリーをフォロー