映画ナタリー

長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己共演、黒沢清がイキウメの舞台を映画化

588

「散歩する侵略者」キャスト。左から松田龍平、長澤まさみ、長谷川博己。

「散歩する侵略者」キャスト。左から松田龍平、長澤まさみ、長谷川博己。

黒沢清がメガホンを取り、長澤まさみ松田龍平長谷川博己が初共演する映画「散歩する侵略者」が9月に公開される。

本作は、前川知大率いる劇団イキウメが2005年の初演以来、再演を重ねている同名舞台をもとにしたもの。数日間の行方不明を経て「地球を侵略しに来た」と妻に告白する夫・加瀬真治、突然穏やかで優しくなった夫に戸惑う真治の妻・加瀬鳴海、町で発生した一家惨殺事件を追うジャーナリスト・桜井の日常が少しずつ変容していくさまを追う。

鳴海を演じる長澤は「現実味のあるフィクションが好きなので、脚本はのめり込んで一気に読みました」と明かし、真治役の松田は「『侵略者』がやってくる、というシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力だと思います」、桜井に扮する長谷川は「ジャンルを飛び越えた、すごい映画になるんじゃないかと楽しみにしています」とコメント。黒沢は「今まで多分誰も見たことのない、まったく新しい娯楽映画ができあがったように思う」と自信をのぞかせている。

長澤まさみ コメント

出演オファーを頂いた時は、私でいいのかなと思うほど本当に嬉しかったです。普遍的な日常の中で、気づかないうちに静かに何かが動き出している……というような、現実味のあるフィクションが好きなので、脚本はのめり込んで一気に読みました。女性として、鳴海の気持ちに共感しながら、真治のことを家族として大切に思えるようにしようと思って演じました。真治役の松田龍平さんは、そんな思いを常に受け止めてくれて、とても助けられました。黒沢監督は、細かく丁寧にお芝居をつけてくださるのですが、怒ってばかりの役だったので、いい意味で、こんなに大変で辛い現場は久しぶりだなと思いました。毎日ふらふらになりました。作品の中で描かれているようなことが、現実の世界でも起こっているかもしれないというドキドキを、ぜひ楽しんで頂けたら嬉しいです。

松田龍平 コメント

脚本を読んだ段階では、「侵略者」に体を乗っ取られた男という真治の設定が想像しきれなくて、逆に何もこだわらずに撮影に臨みました。黒沢清監督と初めてご一緒できることも嬉しかったですが、黒沢監督にヒントをもらいながら、役を埋めていきました。「侵略者」がやってくる、というシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力だと思います。鳴海と真治という、壊れかけた夫婦の関係性、真治が鳴海の心を取り戻していく話でもありますし、一方で「侵略」のあり方を描いていく話でもある。自分の身の回りのことに置き換えて観られると思います。笑える要素もあるし、アクション映画か? というような部分もあるし、自分が出演していないところでも楽しみなシーンがたくさんあります。様々な面白さのある、幅の広い映画になるのではないかと思います。

長谷川博己 コメント

黒沢清監督作品に出演できたことをとてもうれしく思います。「侵略者」と行動をともにしていくジャーナリスト桜井役です。黒沢監督の作品は多く拝見していますが、撮影前に「(監督の)今までの作品のことはすべて忘れてください」と仰っておられました。何か新しいことに挑戦されようとする監督の意思に心躍りました。ラブストーリーでもあれば、男同士の友情を描くノワール映画的な要素もあります。ジャンルを飛び越えた、すごい映画になるんじゃないかと楽しみにしています。

前川知大 コメント

そもそも自分は黒沢清監督の映画が大好きで、かなりの影響を受けています。その僕が演劇として生み出したこの物語を、映画にするのが黒沢監督というのは僕的に最高の巡り合わせでした。そこに集まった俳優陣も素晴らしく、もう期待しかありません。ある夫婦の話でありながら、世界に対する侵略者の話でもあります。映画ならではのスケール感で描かれることに興奮しています。

黒沢清 コメント

イキウメの舞台では、決まって世界は二重三重にかさなり合っている。その絶妙な配置をどうやって映画化するか、最初それは至難のワザに思えた。私を含めてスタッフたちはみな試行錯誤しながら、現実世界の中に様々なこちら側とあちら側の境界線を用意した。それが正解なのかどうか、やってみるまで誰にもわからなかった。しかし俳優たちは誰一人ちゅうちょせず、いとも軽々その境界線を越えてくれた。時に笑いを誘いながら。こうして今まで多分誰も見たことのない、まったく新しい娯楽映画ができあがったように思う。

(c)2017『散歩する侵略者』製作委員会

映画ナタリーをフォロー