映画ナタリー

東京コミコン開幕!竹内涼真がスタン・リーと対談「緊張で吐きそう!」

394

左からスタン・リー、竹内涼真。

左からスタン・リー、竹内涼真。

東京コミックコンベンション 2016が、千葉・幕張メッセで開幕。本日12月2日にオープニングセレモニーが行われた。

“コミコン”ことコミックコンベンションは、マンガやアニメ、ゲーム、映画などのポップカルチャーを扱うイベント。日本では初めての開催とあり、会場には大勢のアメコミファンたちが駆け付けた。セレモニーには、数多くのマーベルヒーローを生み出した作家のスタン・リー、俳優の竹内涼真、名誉会長の山東昭子らが参加。オープンを楽しみに待つ来場者の前でテープカットを行った。さらに来日ゲストとして招かれた俳優のランス・ヘンリクセンビリー・ボイドマシュー・ルイスダニエル・ローガンらも登場し、ファンから大歓声を受けた。

その後メインステージで行われたイベントでは、名誉親善大使のリー、第1回東京コミコン親善大使の竹内とローガンへ任命状が授与された。リーは「本当に感謝しています! 皆さん素敵です!」とコメントして拍手を起こした。

続いてリーのトークショーコーナーへ。まずマーベル作品が大好きだという竹内が1人で登壇し、「スピンオフ含めて、全部観ています。映画館で観たし、DVDも持っているし、オタクなんですよ! 一番好きなキャラはキャプテン・アメリカです」と熱く語る。竹内は「仮面ライダードライブ」に主演していることから、司会に「竹内さんもヒーローを演じたということで、スタン・リーさん(が生み出した世界)と共通点が……」と振られるが、本人は「いやいやいや、おこがましいですよ!」と恐縮する。

そしていよいよステージにリーが再登場すると、竹内は「緊張して吐きそうです!」と表情をこわばらせる。一方リーは、現在93歳ながら「アメリカでのコミコンも、こことそっくり同じ! 東京での開催が初めてだと思えないよ。アメリカのコミコンと競合できるイベントになると思う」「東京コミコンも、アメリカのものと同じように発展していくと思う。皆さんがこのイベントの素晴らしさを伝えることで、その友人たちも来年ここに来てくれる。そうやって毎年毎年大きくなっていくと信じています」と大興奮の様子。

ここで竹内が、「どうしてもスタン・リーさんに言いたいことがあるんです」と改まり、練習してきたという英語で「マーベルキャラクターを演じることが、僕の夢なんです!」と猛アピール。リーに「どんなキャラクターを演じたいの?」と聞かれると、竹内は「ミュータント!」と回答。すると「君は少しミュータント風に見えますね」とおどけるリーを見て、竹内は「イエーイ!」とガッツポーズをして喜ぶ。さらに竹内が「本当にマーベル作品が大好きなんです」と伝えると、その肩を叩きながらリーは「とってもいい趣味してますね!」と返した。

最後にリーは「今回、会場の雰囲気にとても感心しました。これからもっと大きなイベントになっていくと思うので、またお呼びしてもらえると期待しています」と挨拶。花束を贈呈しに来た2017ミス・インターナショナル日本代表の筒井菜月や女性司会者と急遽フォトセッションを行うなど、マイペースな振る舞いで場を沸かせ、ステージをあとにした。

東京コミックコンベンション 2016は、本日から12月4日まで開催中。セレモニーに登場した来日ゲストに加え、「アベンジャーズ」のジェレミー・レナーもサイン会と撮影会を行う。なお映画ナタリーでは、会場内展示ブースの様子を追ってレポートする。

東京コミックコンベンション 2016のレポート記事はこちら。
アメコミヒーロー、ゴジラ、バイオハザードも!東京コミコン本日スタート

映画ナタリーをフォロー