映画ナタリー

「羊をかぞえる。」スピンオフ、廣瀬智紀が出演喜ぶ「田宮くん、青島くんとまた一緒」

460

「天秤をゆらす。」に出演する染谷俊之(左)、廣瀬智紀(中央)、赤澤燈(右)。(c)2016「天秤」製作委員会

「天秤をゆらす。」に出演する染谷俊之(左)、廣瀬智紀(中央)、赤澤燈(右)。(c)2016「天秤」製作委員会

アラサー男子2人の自堕落な日々と成長を描いた「カニを喰べる。」「羊をかぞえる。」。そのスピンオフ作品のタイトルが「天秤をゆらす。」に決定し、主演を務める廣瀬智紀と共演の染谷俊之赤澤燈が撮影現場にて語ったコメントが到着した。

信州の山中を舞台にした本作は、廣瀬演じる丸井、染谷扮する田宮、赤澤演じる青島の3人が森で迷子になるところから始まる。死体を発見する、クマに襲われかけるなど災難続きの彼らは、道中で青い滝を探しているという少年2人組に出会う。

廣瀬は「2作目から参加させていただいて、こうやって田宮くん、青島くんとまた一緒に、ゆったりとした素敵な作品に参加できるのが率直にうれしいです」と本作への出演を喜ぶ。また染谷は「いい意味でクランクインした感じがしないです(笑)。1、2作目と同じ監督、スタッフさんですので、ここまではリラックスした自然体で演じられています」と語った。また赤澤が「おなじみのメンバーで演じさせていただいていますし、ずっとクランクインを楽しみにしていたので、この3人でまた会えて安心しました」と話すと、廣瀬と染谷が激しくうなずくなど、息ぴったりの様子の3人。

そして廣瀬は「このシリーズを愛してくださった方々がいらっしゃるから、こうして第3弾まで来ることができたと思います。みんなで力を合わせてがんばりますのでぜひ楽しみにしていてください」とメッセージを送った。

「天秤をゆらす。」は2016年初冬の公開を予定している。なお7月には、映画の公開に先駆けて東京、大阪、愛知で完成披露イベントが行われることも決定。ファンは続報を楽しみに待とう。

映画ナタリーをフォロー