映画ナタリー

ゼニ集め大成功!阿部サダヲ、瑛太、千葉雄大がびっくり「利息でござる!」初日

445

「殿、利息でござる!」初日舞台挨拶の様子。

「殿、利息でござる!」初日舞台挨拶の様子。

本日5月14日、「殿、利息でござる!」の初日舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリーで行われ、出演者の阿部サダヲ瑛太妻夫木聡竹内結子千葉雄大松田龍平、監督の中村義洋、原作者の磯田道史が登壇した。

「殿、利息でござる!」は、磯田による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を映画化した時代劇コメディ。貧困にあえぐ仙台藩の宿場町を舞台に、阿部扮する商人・穀田屋十三郎らが藩に大金を貸し付け、その利息で庶民を救おうと奔走する姿を描く。

主演を務めた阿部は「絶対に漏らすなと言われていた話を伝えてしまうのが面白いですよね。これからは、思い切って伝えていかなきゃいけないんです、我々は!」と意気込む。そして撮影秘話を尋ねられると「本当は慎みたいんですけど『言え』って言うならしょうがない……」と前置きをしながら「十三郎さんがしばらくいなくなっちゃうシーンがありますよね。その間に断食をしているという設定なので、僕もプチ断食をしました。酵素を飲んだりしてね。あと肌を黒くするタンニングスプレーを全身に塗りました。あれは2週間くらい落ちなかったなあ」と振り返った。

続いて瑛太は「監督には『瑛太(のまま)でやってくれ』って言われて。自分のままで演じることが難しかったです」と苦労を語り、妻夫木は「中村監督の『アヒルと鴨のコインロッカー』を観て、ご一緒したいなと思っていたんです。それを言ったら『オファーは4回くらい出しているんだけどね!』と返されて。ホリプロめ!って思いました」と冗談交じりに話す。紅一点の竹内の「撮影現場は男性陣が多かったので、ずっと脇にある機材置き場で1人座っていました」というコメントを受けて、阿部が「男ばっかりで泊まり込んでいたので、竹内さんみたいにキレイな人が来るとみんなソワソワするんですよ。急に『ちょっと洗濯行ってくるわ』って言い出したり!」と明かして笑いを誘う一幕も。

さらに瑛太の「龍平はいい意味で気持ち悪かった(笑)。何回も『気持ち悪い』って連呼したら、龍平にちょっと怒られちゃいましたね」というつぶやきに、松田が「怒ってないんですけど……。勝手に(話を)作らないでもらえますか? 映画を観た瑛太に『宇宙人みたいだ』って言われて、狙い通りだなって思いました」と返すなど、終始和やかなムードの中進行していった本イベント。物語の舞台である宮城県出身の千葉は「実はこの話を知らなかったのですが、宮城を誇りに思いました。でも今回は宮城の代表と言える羽生結弦選手も映画に出ているので、僕はあまり取り上げていただかなくて大丈夫です」と恥ずかしそうに述べて、登壇者たちから「慎みすぎ!」とツッコまれていた。

庶民が私財を投げ打ち、小銭を貯めて疲弊した町を救ったという実話にもとづく本作のストーリー。これにちなみ、PR活動の一環として、寛永通宝に似た5円玉を一般客から集める“ゼニ集めプロジェクト”が行われてきた。当初は3万円から5万円を目標額としていたが、集まった小銭は総数2万3567枚、総額11万7835円。MCの発表を聞いた登壇者たちは目を丸くし、会場が驚きの声でいっぱいに。なおこの小銭は、本作のベースとなった古文書「國恩記」を保存するための取り組みに充てられるという。

最後に、阿部が「この舞台に上がったとき、映画を観終えた皆さんが優しい顔をしているのが見えたので、いい作品なんだなって思いました。僕はそういう映画に出られてよかったです!」と挨拶してイベントを締めくくった。

映画ナタリーをフォロー