映画ナタリー

カリコレ2016、R・リンクレイター監督作やドラン出演作など48本上映決定

543

「神のゆらぎ」 (c)2013 Productions Miraculum Inc.

「神のゆらぎ」 (c)2013 Productions Miraculum Inc.

7月16日から8月19日にかけて、東京・新宿シネマカリテにて「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」が開催される。

今年で3回目を迎えるシネマカリテ主催の同映画祭。上映作品はジャンルや国籍、新旧作、未公開作を問わずセレクトされる。このたび「カリコレ2016」第1弾ラインナップとして、選りすぐりの48作品が発表された。

オープニング作品には、「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイターによる新作で、SXSW 2016でもオープニングを飾った「Everybody Wants Some!!(原題)」に決定した。本作は、1980年代のカレッジベースボールを題材とした青春群像劇だ。

また、同館で公開予定の作品を集めた先行プレミアには、第88アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた戦争ドラマ「A WAR(英題)」、ソン・ガンホ主演の社会派ドラマ「弁護人」、そして第28回東京国際映画祭で観客賞に輝いたイタリア発のコメディ「神様の思し召し(仮題)」の3作品が並ぶ。

そのほか、ニコラス・ウィンディング・レフンが1999年に手がけたマッツ・ミケルセン出演のサスペンス「ブリーダー」、サイモン・ペッグが製作総指揮と主演を兼ねたロマンティックコメディ「マン・アップ!(仮題)」、グザヴィエ・ドラン主演のヒューマンドラマ「神のゆらぎ」、そしてキアヌ・リーヴス主演のクライムスリラー「エクスポーズ 暗闇の迷宮」など、バラエティ豊かな注目作品が多数そろう。

映画祭では「大井武蔵野館MEMORIAL」「インディペンデント魂!ヘラルド黄金伝説」などの企画上映も行われる。またゲストの登壇やトークショーなども実施予定。詳細は公式サイトで順次発表となるので随時チェックしよう。

カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016

2016年7月16日(土)~8月19日(金)東京都 新宿シネマカリテ
料金:新作 1500円 / リピート割 1200円 / 旧作 1000円
<上映作品>
「Everybody Wants Some!!(原題)」
「神様の思し召し(仮題)」
「A WAR(原題)」
「弁護人」
「東京ウィンドオーケストラ」
「ブリーダー」
「マン・アップ!(仮題)」
「私を忘れないで」
「ライオット・クラブ」
「プロヴァンスの休日」
「神のゆらぎ」
「ウソはホントの恋のはじまり」
「レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!」
「ボヴァリー夫人」
「DEATHGASM(原題)」
「香港、華麗なるオフィス・ライフ」
ウィ・アー・ザ・ベスト!
「エクスポーズ 暗闇の迷宮」
「ヒップスター」
「キャビン・フィーバー リブート」
「ヴィジョン/暗闇の来訪者」
「THE PERFECT GUY(原題)」
「スロウ・ウエスト」
「X-コンタクト」
「ロック・ザ・カスバ!」
「ZOOMBIES(原題)」
「ローマ発、しあわせ行き」
「キル・コマンド(原題)」
「アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ」
「アナザー 疑惑の殺意」
「ベトナムの怪しい彼女」
「The Trust(原題)」
「パレス・ダウン」
ビヘイビア
「オフィス 檻の中の群狼」
「パーフェクト・ルーム」
「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」
「JERUZALEM(原題)」
「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」
「ザ・ボーイ~人形少年の館~」
「マインズ・アイ(原題)」
「京城学校:消えた少女たち」
「LES ANARCHISTES(原題)」
「ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠」
「おとなのワケあり恋愛講座」
江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
アメリ
ラストコンサート

映画ナタリーをフォロー