映画ナタリー

広瀬すず、「ちはやふる」レッドカーペットで松岡茉優を振り上白石萌音のもとへ

2588

広瀬すず

広瀬すず

映画「ちはやふる」のレッドカーペットイベントが本日4月20日、東京・TOHOシネマズ 新宿前のセントラルロードにて行われ、主演の広瀬すずら8名が登壇した。

末次由紀のマンガを小泉徳宏が映画化した「ちはやふる」は、競技かるたの頂点を目指す高校生たちの姿を追った2部作。現在公開中の「ちはやふる -上の句-」に続き、「ちはやふる -下の句-」が4月29日より全国公開される。

約50mのレッドカーペットが敷かれた会場に集まった観客は、イベント開始前から興奮を隠し切れない様子を見せる。そんな中、広瀬、小泉のほか、メインキャストの野村周平真剣佑上白石萌音矢本悠馬森永悠希松岡茉優が登場すると割れんばかりの歓声が上がる。劇中と同様に袴を着たキャスト陣は、握手や撮影に応じるなどファンとの交流を楽しんでいた。

最初にマイクを握った小泉は「若いキャストたちと一緒に精一杯作った映画です。全員が将来スターになるような俳優なので、その姿を目に焼き付けてもらえれば」と挨拶。道路を埋め尽すほどの観客を前にした広瀬は「『ちはやふる』がこんなに多くの人に届いているんだなと思うと、自分にとってもったいないぐらい幸せです」と心境を述べる。

レッドカーペットを歩いた感想を聞かれた真剣佑は「皆さんに足を運んでいただけて、ここに立ててありがたく思います」とコメント。観客との交流をもっとも楽しんでいた様子の野村は「僕だけ右往左往してましたね。でもこういうときにしか会えなかったりするから、握手とか触れ合いくらいはいいよねー」と観客に呼びかける。

劇中で広瀬扮する綾瀬千早のライバル・若宮詩暢を演じた松岡は、かるたの対決シーンについて聞かれ「台本通りにシーンがうまく撮れたのに、すずはかるたが取れなかったことを悔しがっていて」と笑う。その言葉に広瀬は「本当に悔しかったんです」と返答。また「さっき、楽しくなっちゃってすずと手をつないだんですけど、早々に離されてしまって……気付いたらすずは萌音ちゃんと手つないでいて」ともらす松岡に、広瀬が「えっ……そんなことないよ」とあたふたする一幕も。

「ちはやふる -下の句-」の公開を控える現在の心境を聞かれた野村は「『上の句』が公開されたときからずっとワクワクしてる。皆さんもうしばらく楽しみに待っていてください」と思いを届ける。一方、同じ質問に対して広瀬は「支えてくれる人たちがそばにいるから、こんなにがんばれるんだなと。千早だけじゃなくて私自身がそれをすごく感じました」と述べ、「10代(の千早たち)が必死になって強く美しく立ち向かっていく姿が多くの方に届けば」と言葉を重ねた。

(c)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀 / 講談社

映画ナタリーをフォロー