映画ナタリー

皇太子さまご夫妻と愛子さま、岡田准一とともに「エヴェレスト」チャリティ試写へ

711

前列左より平山秀幸、皇太子徳仁親王殿下、皇太子徳仁親王妃雅子殿下、愛子内親王殿下。

前列左より平山秀幸、皇太子徳仁親王殿下、皇太子徳仁親王妃雅子殿下、愛子内親王殿下。

3月8日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた「エヴェレスト 神々の山嶺」のネパール大地震復興支援チャリティ試写会に、皇太子徳仁親王殿下、皇太子徳仁親王妃雅子殿下、愛子内親王殿下が参加された。

「エヴェレスト 神々の山嶺」は、世界最高峰の山・エベレストに魅せられた2人の男の挑戦と、彼らを取り巻く人々の物語を描く山岳ドラマ。

皇太子ご一家がチャリティ試写会で映画を鑑賞されたのは、2009年の「HACHI 約束の犬」以来約7年ぶり。この日は主演の岡田准一、監督の平山秀幸、原作者の夢枕獏らとともに本作をご覧になった。

上映後の取材には、岡田と平山の2人が応じた。岡田は「愛に包まれた時間を過ごさせていただけたと思うし、自分もがんばらなければ、もっとうまくなりたい、と芝居についても上を目指したいと思えるような気持ちになった」と感想を述べる。さらに隣に着席された愛子さまとは上映前に談笑されたそうで、その内容については「秘密です、それは秘密です」と笑いつつも「試験が終わられたので観に来られるタイミングだったようで、『試験期間中ですか?』『いえ、もう終わりました』というようなお話をしたり、僕の出演作を何作か観ていただいているというお話をさせていただきました」と回想した。

岡田は上映中の愛子さまの様子について「熱い男たちがエベレストに対峙する話なので、大丈夫かな?と思いつつ、心配していたけれど、しっかり観ていただけたと思う」と報告。また皇太子さまから「(大河ドラマ)『軍師官兵衛』観ています」と伝えられたとのことで、「やれてよかったと光栄に思いました」と喜びを語る。そして登山を趣味とされている皇太子さまとの会話を「ご自身がどの場所に行かれたのかお話しいただけたり、山の話もしていただけた。山についての経験だったり、(標高)5200mで撮影したことについても驚いていただけました」と振り返った。

皇太子さまの隣で作品を鑑賞した平山は、「岡田さんと阿部(寛)さんのパワフルなお芝居に感心されていましたし、氷壁へ登るときにどうしたのか聞かれました」と、皇太子さまの本作への強い関心を紹介した。

最後に岡田は、「僕自身、震災に対する思いや災害に対する思いを深く感じることができた。ネパールも地震が起こり、復興できていない現状があり、日本の震災の復興もまだまだ完全とは言えないと思います」と、3月11日に東日本大震災から5年の節目を迎える日本の現状についても言及。「傷跡の残る中で、僕らも忘れずに思い続けなければいけない。そういったことを殿下ともどもお考えになられているという深い愛を感じることができて、震災のことをもっと考えようと思える時間を過ごさせていただきました」と背筋を正した。

「エヴェレスト 神々の山嶺」は、3月12日より全国ロードショー。

(c)2016映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】