映画ナタリー

クロエ・モレッツが地球外生命体からの攻撃を解説する「フィフス・ウェイブ」特別映像

58

「フィフス・ウェイブ」

「フィフス・ウェイブ」

クロエ・グレース・モレッツが主演を務める「フィフス・ウェイブ」の特別映像がYouTubeにて公開された。

リック・ヤンシーの小説をもとにした本作は、知的地球外生命体“アザーズ”の4度にわたる攻撃により人類の99%が死滅した地球を舞台とするSFミステリー。そんな世界に生き残った女子高生キャシーが、襲撃の恐怖に怯えながらも何者かに拉致された弟を救うべく奔走していく。

このたび到着した映像は、アザーズによる最初の攻撃“第1の波=暗黒”を紹介するもの。高校の授業中に第1の波を受けたモレッツの姿から始まり、突然の停電と同時に携帯電話も使用できなくなる様子が緊張感たっぷりに切り取られていく。その後、窓の外から衝突音が聞こえ出し、コントロールを失った車が激突するさまや飛行機がゆっくりと落下していく場面などが続く。映像のあとにはモレッツによる解説が流れ「アザーズは電磁パルスで電子機器を破壊。あらゆるエンジンが止まり、電気も水道も使えない」と被害が述べられ、第1の波で多くの人間が死滅したことも明かされる。

「アリス・クリードの失踪」のJ・ブレイクソンが監督を務める「フィフス・ウェイブ」は4月23日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。なお現在、寒さや雨風を防げる「エマージェンシー サバイバル ブランケット」が特典として付く前売り券およびムビチケが上映劇場ほかにて販売されている。

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】