映画ナタリー

塚本晋也「野火」ソフト化、「鉄男」「電柱小僧の冒険」など過去作のBDも発売

183

「野火」 (c)2014 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

「野火」 (c)2014 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

塚本晋也の監督最新作「野火」のBlu-ray / DVDが5月12日に発売決定。あわせて、塚本が過去に発表した作品がニューHDマスターでBlu-ray化され、6月より3カ月連続で発売されることがわかった。

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島を舞台にした「野火」は、耐え難い飢餓感に苛まれながら同地を彷徨する兵士の姿を追った作品。大岡昇平の同名小説をもとにしており、塚本が主演を務め、森優作、リリー・フランキー、中村達也らが共演に並ぶ。

2015年7月に封切られた後に全国で順次公開され、現在も上映中の本作。このたび満を持して発売されるソフトには、特典映像としておよそ60分のドキュメンタリーが収録される。この映像は戦争体験者への取材や撮影、第71回ヴェネツィア国際映画祭で行われたプレミア上映などの様子を通して「野火」の全体像に迫るもの。塚本は、ドキュメンタリーについて「訪問した劇場では会場の皆さんからの質問に答える形で製作過程をお話ししてきましたが、それでも極一部。自分のインタビューのみならず2005年にフィリピン・レイテ島を訪問した際の秘蔵映像なども加えてより立体的にし、伺えなかった地域の皆様の為にも全国行脚の代わりになるような内容になればと思っています」とコメントを寄せている。

そして「SHINYA TSUKAMOTO Blu-ray SOLID COLLECTION」と銘打ちリリースされる過去作のラインナップは、6月2日発売の「鉄男」「鉄男II THE BODY HAMMER」、7月6日発売の「東京フィスト」「BULLET BALLET/バレット・バレエ」、8月3日発売の「ヴィタール」「六月の蛇」「HAZE(ヘイズ)/ 電柱小僧の冒険」。それぞれ映像特典として、予告編や未公開シーン、メイキングなどが収められる予定だ。

塚本晋也 コメント

「野火」では全国78館で上映され58館にお邪魔させて頂きました(2月5日現在)。
その地域ではこの1館しか映画館がないという場所にも行きましたが、それでも全国津々浦々まで「野火」を届ける為にも、是非ともDVD&Blu-ray化したいと思っていました。
そこに今回は、大岡昇平さんの同名小説との出会いから2015年7月25日の「野火」公開までを網羅したドキュメンタリーを特典映像として用意しました。
訪問した劇場では会場の皆さんからの質問に答える形で製作過程をお話ししてきましたが、それでも極一部。自分のインタビューのみならず2005年にフィリピン・レイテ島を訪問した際の秘蔵映像なども加えてより立体的にし、伺えなかった地域の皆様の為にも全国行脚の代わりになるような内容になればと思っています。

映画ナタリーをフォロー