映画ナタリー

「エヴェレスト」岡田准一&阿部寛、標高5200mでの撮影でついた嘘を告白

1024

左から阿部寛、佐々木蔵之介、甲本雅裕、平山秀幸。

左から阿部寛、佐々木蔵之介、甲本雅裕、平山秀幸。

「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」の完成披露試写会が、本日2月4日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開催され、主演の岡田准一ら8名が登壇した。

本作は、世界最高峰の山・エベレストの魅力に取り憑かれた2人の男を描く山岳スペクタクル。山岳史上最大の謎を追うカメラマン・深町を岡田が、孤高の天才クライマー・羽生を阿部寛が演じ、2人を愛した女性・涼子に尾野真千子が扮している。

この舞台挨拶には岡田、阿部、尾野に加えて佐々木蔵之介、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、そして監督の平山秀幸が参加。岡田は「熱い挑戦を描いた大人の映画になっていると思います」と熱を込め、阿部は「不屈の男を演じましたが、隣にいるこの男(岡田)がかなり強い不屈の男なので……精神力だけでも負けないように精一杯がんばりました」と話し笑いを誘う。

本作の一部は実際にエベレストの標高5200m地点で撮影され、岡田、阿部、尾野の3人は酸素量2分の1という環境下で演技に挑んだ。「阿部さんや尾野さんよりも先を歩いていたので、弱っているところを見せられないというプレッシャーがあった」と話す岡田は、健康状態のチェックのため血中酸素を測る際のことを「ズルして息をいっぱい吸ってから測っていました」と暴露。「苦しいのに苦しくないフリをしていて。スタッフさんに『岡田さんタフですね』って言われてました(笑)」と続けると、尾野からは「ずるい!」と声が飛ぶが、なんと阿部からは「実は……僕もやってました」という言葉が。さらに阿部が「『岡田くんは今日(血中酸素が)90いったぞ』とかいう話を聞くと、後輩に負けちゃいけないなって思ってしまって」と明かすと、尾野は開いた口がふさがらなくなってしまう。

そんな尾野は、エベレストに登った感想を聞かれると「めっちゃ楽しかったです!」と即答。岡田が「普通、標高3000m以上では運動すると筋肉もなくなっていくくらいなので、痩せるんですよ。僕らも3kg、4kgくらい痩せて帰ってきたんですが、尾野さんは……」と言うと、尾野は自ら「3kg太った!」とキッパリ言い切る。その理由を聞かれた尾野は「本当はご飯は八分目で抑えないといけないのに、腹いっぱい食べちゃったんです。あと水分を取るためにミルクティーを飲まないといけないんですが、それもたらふく飲んでたんです」と答え、岡田から「日本で一番タフな女優さんです」という言葉が贈られた。

日本での撮影に参加した佐々木は、エベレストから帰ってきた3人を見たときのことを「たくましいんですよ。阿部さんは顔中ほとんどひげで誰だかわからないくらいの山男になってましたし」と振り返る。瀧は「劇中で羽生が挑戦する“冬季南西壁単独無酸素”っていうやばさの国士無双みたいな状態を補足しておいたほうがいいと思う。冬に酸素ボンベを持たずに1人で登っていくっていうことだから……深海1000mに海パン一丁で行く感じかな?」と岡田に同意を求めて笑いを誘う。また風間は日本の山岳での撮影を回想し「崖っぷちの場所で、体感的には都庁のてっぺんの端っこに立ってるくらいの恐怖でした。エベレストに行ったチームに負けたくないなって思ってやってたんですけど、あとから阿部さんに『エベレストは高いけど広いんだよね、お前が一番危ないところに立ってたよな』って言われたときは、ひざから崩れ落ちました」というエピソードを披露した。

ここで司会から、2人の男の挑戦を描く本作の内容にちなんで「人生で挑戦したいことは?」という質問が。岡田は「できればこのステージにいる皆さんと一緒にエベレストに登りたいです。いかがですか?」と誘うが、佐々木はあからさまに目を伏せて小声で「ちょっとそれは……」と渋い反応。阿部は同じ質問に「1日でもいいから岡田准一くんになってみたい。ずっと彼の背中を見て山を登っているうちに、僕よりも15くらい年下なのに、おぶさりたいくらいの気持ちになってました」と答える。そして尾野は「エベレストの8000m超えをしたい」と野望を明かした後、「あと個人的には、デコトラに乗りたい! 大きい車に乗ってブイブイ言わせて誰かを迎えに行きたい」と独特な夢を語った。

最後に岡田が、これから作品を観る観客へ「“思い”がテーマの映画になっていますので、ぜひ楽しんで帰っていただけたら。観終わったらたくさんの方々に勧めていただけたらと思います!」と訴えかけ、イベントは終了した。

「エヴェレスト 神々の山嶺」は3月12日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】