映画ナタリー

「セーラー服と機関銃」長谷川博己の場面写真到着、橋本環奈演じる泉との恋の行方は

178

「セーラー服と機関銃 -卒業-」より、長谷川博己演じる月永。(c)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会

「セーラー服と機関銃 -卒業-」より、長谷川博己演じる月永。(c)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会

橋本環奈の初主演作「セーラー服と機関銃 -卒業-」より、長谷川博己の出演シーンを捉えた劇中カットが到着した。

前田弘二が監督を務める「セーラー服と機関銃 -卒業-」は、1981年に公開された薬師丸ひろ子主演作「セーラー服と機関銃」の続きを描く作品。組員わずか4名の弱小ヤクザ・目高組を率いる女子高生組長の星泉が、普通の高校生活を送ろうとした矢先に起こる騒動を描く。

本作で長谷川が扮するのは、浜口組の若頭補佐・月永だ。浜口組と目高組はかつてシマを争った仲だが、現在調停中。月永は、組を解散させメダカカフェを営む泉に対して難癖を付けるが、裏で手を引いている第三者の存在に気付き、共闘を提案する。

このたび到着した4枚の写真に収められているのは、月永がナイフや拳銃を手に相手を睨みつける場面。泉を守るように相手にバットを向ける姿も捉えられているが、手を組んで戦っていく中で泉は月永にほのかな恋心を抱くようになる。

「セーラー服と機関銃 -卒業-」が2016年3月5日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー