映画ナタリー

「羊をかぞえる。」の続編は「嫁をもらう」?染谷俊之、赤澤燈、廣瀬智紀が考案

722

「羊をかぞえる。」初日舞台挨拶の様子。

「羊をかぞえる。」初日舞台挨拶の様子。

羊をかぞえる。」の初日舞台挨拶が昨日11月21日に東京・シネマート新宿にて開催され、染谷俊之赤澤燈廣瀬智紀杉江大志宮井くらら中野マサアキ、監督の毛利安孝が登壇した。

本作は、日雇いアルバイトでその日暮らしをしている2人の男、田宮と青島がカニを食べたいというだけの理由で富山まで旅に出た「カニを喰べる。」の続編。相変わらず定職に就かないでいる2人が、謎の少女カンナやヤクザに追われるお人好しの丸井と出会って騒動に巻き込まれていく。

染谷は「『カニを喰べる。』のイベントのときに第2弾を一緒にやりたいねって燈と話していたら、こうして見事に実現でき、言葉にするもんだなって思いました。言霊ってあるんだなと」と喜びを語る。赤澤は「染ちゃんと一緒だから安心しきっていて、撮影前に話し合ったりは特にしなかったです」と2人の信頼関係をうかがわせた。そして本作からの新キャストである廣瀬は、「前作を観たときに、2人の仲のよさだったり、素の部分が毛利監督によって引き出されていて、スゴくいい雰囲気の演技だなって感じたので、出演させていただけて幸せでした」と話した。

またシリーズで個性的なタイトルが続いていることから、「第3弾はどんなタイトルがいいか?」という話題に。赤澤からは「嫁をもらう」、染谷からは「さらば青島」、廣瀬からは「一緒に踊ろう」という案が飛び出し、染谷の「もはやシリーズ関係なくなってるよね(笑)」の一言で笑いが起こる。

イベントの終盤には、子役の宮井から共演シーンの多かった染谷、赤澤、廣瀬の3人へ手紙のプレゼントが。何も聞かされていなかった3人は「これは泣いてしまうやつだ」と照れ笑いを浮かべる。その内容を聞き、廣瀬は「小さいのにすごくしっかりしているので、これからも共演ができればいいなと思います」と、赤澤は「(宮井のおかげで)現場もすごく明るくなったし、とても楽しいことがたくさんあったので感謝しています」とコメント。最後に染谷が「過密な撮影スケジュールでしたが、くららちゃんのおかげで、みんながんばることができました。10年後、結婚しようね(笑)」と感謝の言葉を贈った。

映画ナタリーをフォロー